デジタルホログラフィー市場、2021年から2026年までCAGR19.3%で成長見込み

市場の概要

デジタルホログラフィー市場は、2015年から2020年にかけて強い成長を示しました。デジタルホログラフィーとは、多次元の物体や製品の同時イメージングを行うことができる干渉イメージングの技術を指します。このプロセスでは、(ビームスプリッターを介して)レーザービームを散乱させることによって生成された複数の光波が対象物を照射し、回折の原理を利用してその画像を作成します。この画像は、コヒーレントな参照波と、画像化する必要のあるサンプルや物体から受信した波との結合または干渉によって得られます。これらの波の干渉は、ビデオカメラで記録され、さらにコンピュータに転送されて3D再構成されます。この技術は、医療科学、エンジニアリング、広告、教育、芸術、マーケティング、デザイン研究などの分野で幅広く利用されています。デジタルホログラフィー市場は、2021年から2026年の間に年率19.3%で成長すると予測されています。

市場の動向及び成長要因

製造業や医療業界におけるハイエンドな技術ソリューションへの需要の高まりが、市場の成長を促す主な要因となっています。非侵襲的で効果的な医療診断や生物医学研究を行うためにデジタルホログラフィーを利用するという認識は、世界的に継続的に高まっています。さらに、眼科、整形外科、歯科などでデジタルホログラフィーが広く使われていることも、市場の成長を促しています。また、ホログラフィープロセスは、マイクロ波やX線を使って難解な障壁を通過した物体を検出したり、製品の応力や異常を特定するための品質検査に利用されたり、アナログホログラムを得るために暗室や化学薬品を必要としない場合にも利用されています。さらに、技術開発への投資の増加と製品の革新も、市場の成長に貢献しています。例えば、3Dメガネの導入は、ユーザーの視点を変え、強化することで、より鮮明で満足度の高い映像を提供するために行われます。

主要な市場区分

テクノロジータイプ別の市場構成

ガボール(インライン)ホログラフィ

オフアクシスホログラフィ

その他

コンポーネントタイプ別の市場構成

ハードウェア

CCDカメラ

レーザー

マイクロディスプレイ

ビームスプリッター

ミラー

ソフトウェア

アプリケーション別の市場構成

デジタルホログラフィーックディスプレイ

デジタルホログラフィーック・マイクロスコピー

ホログラフィック・テレビおよびテレプレゼンス

その他

最終用途別の市場構成

自動車

医療機器

航空宇宙・防衛

その他

地域別の市場区分

アジア太平洋

ヨーロッパ

北アメリカ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のデジタルホログラフィー市場における主要な企業としては、Lyncée Tec、EON Reality、Zebra Imaging、Real View Imaging Ltd.、Ovizio Imaging Ltd.、Holoxica、Geola Digital、zSpace Inc.、Jasper Display Corporation、LEIA Inc.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]