衛星トランスポンダ市場、2026年に250億米ドル規模到達見込み

市場の概要

衛星トランスポンダ市場は、2020年に195億米ドルの規模に達しました。今後、2026年には250億米ドルに達すると予想されています。

衛星トランスポンダとは、無線信号を受信・送信するために衛星に接続される無線通信機器です。信号を受信すると、さまざまな周波数でその信号を放送し、GPSなどのさまざまな識別システム、位置情報システム、ナビゲーションシステムの機能を支援します。また、信号間の干渉を防ぐために、ダウンリンクとアップリンクで異なる周波数値を選択しています。例えば、RFID(Radio-Frequency Identification Device)は、コントロールポイントからの要求を受けてコード化された信号を送信します。トランスポンダの出力信号を追跡し、その位置を継続的に監視します。また、入力(受信機)と出力(送信機)の周波数があらかじめ設定されており、これによりデバイスは何千マイルもの距離を移動することができます。

市場の動向及び成長要因

高品位テレビ(HDTV)セットの需要増加とKu帯アプリケーションの拡大が、市場の成長を促進する主な要因です。新しいテレビプラットフォームへの需要の高まりと、ビデオ放送の加入者数の増加により、サービスプロバイダーは衛星中継器を利用してエンドツーエンドのHDビデオ伝送を実現しています。さらに、データ、ビデオ、音声通信にKu帯の周波数を利用する割合が増えていることも、市場の成長にプラスの影響を与えています。Kuバンドでは、衛星中継器を利用して、加入者への広帯域の放送や通信を行います。また、Ku帯のトランスポンダは、VSAT(Very-Small-Aperture Terminals)、MBH(Mobile Backhaul)、航空アプリケーションなどにも幅広く利用されています。さらに、海上ブロードバンド、機内通信、M2M(マシン・ツー・マシン)通信などにも広く利用されており、市場の成長に貢献しています。例えば、船舶に搭載されている自動識別システム(AIS)は、トランスポンダを利用して通信を行い、船舶用レーダーを補完しています。

主要な市場区分

世界の衛星トランスポンダ市場は、帯域別、サービス別、アプリケーション別、地域別に分類されています。

帯域別の市場構成

Cバンド

KU-バンド

KA-バンド

Kバンド

その他

サービス別の市場構成

リース

保守・サポート

その他

アプリケーション別の市場構成

商用通信

政府機関

ナビゲーション

リモートセンシング

研究開発

その他

地域別の市場区分

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア・パシフィック

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の衛星トランスポンダ市場における主要な企業としては、SES、Arabsat、Eutelsat、Intelsat、Star One、Thaicom、SKY、Perfect JSAT Corporation、Hispasat、Singtel、Telesatなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]