インモールドラベル市場、2021年から2026年まで緩やかな成長見込み

市場の概要

インモールドラベル市場は、2020年に31億8,000万米ドルの規模に達しました。インモールドラベル(IML)は、グラフィカルな画像や製品情報などが印刷されたポリプロピレン製のステッカーです。これらのプラスチックラベルは、高温高圧の金型に注入され、その結果、容器の壁に埋め込まれ、製品にシームレスな仕上げを与えます。溶融プラスチックはラベルに浸透し、それにより容器の取り外し不可能な部分になります。それは一般的にブロー成形、射出成形または熱成形の技術を介して埋め込まれています。インモールドラベルは永久的で、デザインやカスタマイズの自由度が高く、湿度や温度の変化にも強く、製品全体のコスト削減にもつながるため、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の動向及び成長要因

魅力的なパッケージへの関心が高まっていることは、市場成長の主な要因の一つです。消費者製品のラベルのない外観や多色刷りの美的感覚は、有利なマーケティング機会や効率的なブランディングツールとして機能します。これにより、メーカーは製品パッケージにインモールドラベルを組み込むことに前向きになっています。さらに、これらのラベルは、製品に関するより多くの情報を表示することを可能にし、企業にポジティブなブランドイメージをもたらします。さらに、製薬、化学、食品・飲料業界では、費用対効果に優れた高品質のラベルが求められていることも、市場の成長に貢献しています。また、ラベル印刷工程におけるデジタル化の進展により、製品納期の短縮、印刷期間の短縮、ラベルデザインの柔軟性の向上が可能になっています。インモールドラベル市場は、今後5年間で緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

素材別の市場構成

ポリプロピレン

ポリエチレン

ポリ塩化ビニル

ABS樹脂

その他

技術別の市場構成

押出ブロー成形法

射出成形法

熱成形

印刷技術別の市場構成

フレキソ印刷

オフセット印刷

グラビア印刷

デジタル印刷

その他

印刷インキ別の市場構成

UV硬化型インク

熱硬化型インク

水溶性インク

その他

最終用途産業別の市場構成

パーソナルケア

耐久消費財

食品・飲料

自動車

その他

地域別の市場区分

欧州

北アメリカ

アジア・パシフィック

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]