製氷機市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

製氷機市場は、2020年に48億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

製氷機は、製氷装置や製氷機とも呼ばれ、家庭用・業務用の両方で氷を作るために使用される機器です。製氷機は、モーター、コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、絞り弁、発熱体など、さまざまな部品を使用して製造されます。このうち、コンプレッサーは、低圧の蒸気を高圧の蒸気に圧縮し、コンデンサーに導きます。コンデンサーは、高圧の蒸気を凝縮して高圧の液体にし、スロットルバルブから排出されます。その後、液体はエバポレーターに送られ、そこで熱交換が行われ、氷が形成されます。

市場の動向及び成長要因

市場成長の大きな要因として、医療分野での臓器保存やリハビリテーションのための氷の需要が高まっていることが挙げられます。また、製氷機は、微生物学、生化学、バイオテクノロジー、遺伝子工学などの研究室で、生物学的サンプルを保管したり、他の施設への輸送を支援するためにも利用されています。クライオセラピー(寒冷療法)の人気が高まっていることも、市場の成長を促しています。さらに、加工食品の販売が急増していることや個人の所得水準が上昇していることから、食品・飲料(F&B)業界における製氷機の需要が増加しています。このような需要の拡大は、消費者の要求に応じて様々なサイズの製氷機が容易に入手できることにも起因しています。

主要な市場区分

世界の製氷機市場は、製品タイプ、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

アイスキューブメーカー

アイスフレークメーカー

アイスナゲットメーカー

その他

アイスキューブメーカーは、様々なレストランで使用される菱形のキューブを作ることができるため、最も好まれる製品タイプです。

最終用途産業別の市場構成

外食産業

小売

ヘルスケア

住宅

その他

現在、製氷機は外食産業で数多く使用されています。これは、都市部の人々がカフェやホテル、レストランで食事をする頻度が増えていることに起因しています。

地域別の市場区分

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア太平洋地域

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

地域別では、北米が最大の市場となっています。輸出入については、米国が製氷機の最大の輸入国であるのに対し、中国が最大の輸出国であることがわかりました。

市場の競合状況

世界の製氷機市場における主要な企業は以下の通りです。

ホシザキ株式会社

The Manitowoc Company, Inc.

Scotsman Industries, Inc.

ホワイターLLC

Ice-O-Matic (Mile High Equipment LLC)

Himalyan Equipment Manufacturing Co. (HEMCO)

MaxxIce(The Legacy Companies)

ニューエア

浙江Litian Industrial Co. Ltd.

サンペンタウン(SPT)社

常熟凌駕電器有限公司(Changshu Lingke Electric Appliance Co. Ltd.)

Cornelius, Inc.

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]