HIV治療薬市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、血液や性的接触によって人から人へと移る、慢性的で生命を脅かす病気です。HIVは、CD-4細胞と呼ばれる免疫細胞を攻撃するウイルスであり、これにより身体は感染症やその他の病気にかかりやすくなります。近年、世界的にHIV感染者が増加していることから、HIV治療薬の需要が高まっています。HIV治療薬は、HIVの増殖を防ぎ、感染のリスクを低減します。HIV治療薬市場は、2020年に264億米ドルに達しました。

市場の成長要因

HIV治療薬市場の成長を促している主な要因の1つは、HIVの有病率とその診断の増加です。これに加えて、原因、症状、治療法に関する人々の認識を広めるための政府の取り組みが増加していることも市場に影響を与えています。さらに、費用対効果が高く、化学的にも先発医薬品と同じであるジェネリック医薬品の登場も、HIV治療薬の需要を高める要因となっています。 今後、2021年から2026年にかけて、世界のHIV治療薬市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

世界のHIV治療薬市場は、クラス、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

クラス別の市場構成

クラス別では、マルチクラス配合剤、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤、プロテアーゼ阻害剤、融合阻害剤、エントリー阻害剤-CCR5共受容体拮抗剤、HIVインテグラーゼ鎖移行阻害剤に分類されています。

流通チャネル別の市場構成

流通チャネル別では、病院薬局、小売薬局、オンライン薬局、その他に分類されています。現在、病院薬局が最大のシェアを占めています。

地域別の市場区分

地域別では、欧州、アジア太平洋、北米、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。その中でも、北米は世界市場の大半を占める主要市場です。

市場の競合状況

世界のHIV治療薬市場における主な企業は以下の通りです。

Bristol-Myers Squibb

Gilead Sciences

GlaxoSmithKline

Johnson & Johnson

Merck.

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]