消火器市場、2026年に66億米ドル規模到達見込み

市場の概要

消火器市場は、2020年に49億米ドルの規模に達しました。今後、2026年には66億米ドルの市場規模に達すると予想されています。

消火器は携帯用の安全装置で、緊急時に小さな火災を消火し、消防士が到着する前に潜在的な破壊を最小限に抑えるために広く利用されています。消火器は、消火剤の入ったボンベ、ノズル、ハンドル、圧力計などで構成されています。主な機能は、消火剤を高圧で噴出することで、燃焼物を冷却し、炎から酸素を奪い、炎の化学反応を阻害することです。

市場の動向

多くの国の政府は、火災による不測の事態を防ぐために、厳しい安全基準を導入しています。これに伴い、住宅、レストラン、ホテル、学校、病院、オフィス、工場などへの消火器の設置が進んでいます。消火器の需要は、工業化の進展と、特に発展途上地域における商業施設の建設によっても支えられています。さらに、保険会社が保険対象の建物に消火器を設置することを義務付けていることも、市場に影響を与えています。この他、業界の大手企業は、有毒ガスを発生させない環境に優しいガスまたは粉末消火器を導入しています。また、小型・軽量でコスト効率の高い消火器を導入することで、製品ポートフォリオを拡大しています。また、さまざまな企業がM&Aに投資し、消費者層の拡大や世界各地での市場展開を図っています。

主要な市場区分

世界の消火器市場は、製品別、消火剤別、火災別、用途別、地域別に分類されています。

製品別の市場構成

ポータブル型

ナップザック型

車輪付き

現在、世界で最も好まれている製品タイプは、ポータブル型消火器です。

消火剤別の市場構成

ドライケミカル

泡消火剤

二酸化炭素

粉末消火剤

その他

現在、ドライケミカルが市場の大半を占めています。

火災別の市場構成

Aクラス

Bクラス

Cクラス

Dクラス

Kクラス

Aクラスは、石炭、木材、紙、繊維、プラスチックなどの固体の可燃物を対象とした火災で、現在の市場では明らかに優位に立っています。

用途別の市場構成

工業用

商業用

一般家庭用

公共施設用

その他

用途別では、工業用が最大の市場シェアを占めています。

地域別の市場区分

ヨーロッパ

アジア太平洋地域

北アメリカ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

地域別では、欧州が世界最大の市場となっています。

市場の競合状況

世界の消火器市場における主要な企業としては、Amerex Corporation、United Technologies Corporation、Tyco Fire Products LP、Minimax GmbH & Company KG、Britannia Fire Ltd.、First Alert Inc.、JL Industries, Inc.、Ceasefire Industries Pvt.Ltd.、Feuerschutz Jockel GmbH & Co. KG、Desautelなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]