光ファイバー市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

光ファイバー市場は、2020年に67億米ドルの規模に達しました。光ファイバーは、薄くて透明な繊維素材を使って画像や音声、データを伝送するための技術です。これらの繊維は、ガラスやプラスチックで作られた光ファイバーとして知られています。現在、この技術は医療や通信の分野で幅広く利用されています。また、軍事・防衛分野では、車両のナビゲーション、環境の検知・監視、無線信号の送信などに利用されています。今後5年間、光ファイバー市場は緩やかな成長を遂げると予想されています。

市場の動向及び成長要因

市場を牽引する主な要因は、インターネットサービスへの需要の高まりです。デジタルリテラシーの高い人口が急速に増加していることから、広帯域の通信・データ伝送サービスに対する需要が高まっており、これが通信・情報技術部門の着実な成長につながっています。これに伴い、データ、音声メッセージ、画像などを長距離で効率的に伝送するために不可欠な光ファイバーの需要が高まっています。さらに、5Gネットワーク、FTTH(Fiber to the Home)、FTTB(Fiber to the Building)などの技術革新により、高速データや関連サービスを消費者に提供するブロードバンドネットワークシステムの位置づけが高まっています。さらに、光ファイバーはガラスでできており、電気を必要としないため、停電時の故障が少なく、信頼性が高いと考えられています。ヘルスケア業界では、この技術はイメージングの分野で幅広く活用されており、X線検査、外科用内視鏡検査、顕微鏡検査、眼科用レーザー、光治療などが、光ファイバーを使用する主な医療行為です。また、低侵襲手術への需要が高まっていることも、この業界での需要を促進する重要な要因となっています。

主要な市場区分

ケーブルタイプ別の市場構成

シングルモード

マルチモード

光ファイバーの種類別市場構成

ガラス

プラスチック

アプリケーション別の市場構成

通信

石油・ガス

軍事・航空宇宙

BFSI

医療

鉄道

その他

地域別の市場区分

欧州

北アメリカ

アジア・パシフィック

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

光ファイバー市場における主要なプレイヤーとしては、Corning Inc.、Prysmian Group、Finisar、AFL Global、住友電子工業(SEI)、Ls Cable & System、Leoni AG、Furukawa Electric、General Cable Corporation、Finolexなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]