デジタルカメラ市場、2021年から2026年にかけて規模縮小の見込み

市場の概要

デジタルカメラ市場は、2020年に131億米ドルの規模に達しました。デジタルカメラはデジカメとも呼ばれ、デジタル画像や動画を撮影して、ファインダーやライブプレビュー画面に表示することができます。アナログカメラと比較して、デジタルカメラにはメモリーカード用のスロットが内蔵されており、容量に応じて数百枚の画像を保存することができます。これらの画像は、デジタルで撮影されているため、カメラから直接削除することもできます。デジタルカメラには、バーストショット、オートフォーカス、シャッタースピード、デジタルズーム、ベストショットセレクター、センサー感度(ISO)やオートホワイトバランス(AWB)の変更などの機能があります。

市場の動向

デジタルカメラは、高品質な写真を撮ることができるため、ここ数年、全体の売上を伸ばしてきました。しかし、高解像度レンズを搭載した高級スマートフォンの登場は、世界的にデジタルカメラの需要にマイナスの影響を与えている主な要因の一つとなっています。これらのスマートフォンに搭載されたカメラは、ユーザーがRAWフォーマットで画像を撮影し、マニュアルモードにアクセスして設定を変更することができます。スマートフォンのバージョンアップに伴い、カメラの機能も向上しているため、デジタルカメラを所有する必要がなくなってきています。そのため、メーカーの技術革新が進まないことや、カメラのレンタルシステムが存在することなどから、消費者は新しいモデルのデジタルカメラに投資することを躊躇しています。さらに、メーカーによる顧客との関わりが希薄であることや、機能が複雑であることも、市場の成長を阻害しています。また、デジタルカメラは高価でかさばる上に、メッセージ、Eメール、ビデオ通話、ソーシャルネットワークアプリケーションなどの付加機能を提供しないため、世界中で需要が減少しています。このような要因により、世界のデジタルカメラ市場は今後5年間で縮小すると予測されています。

主要な市場区分

製品タイプ別の市場構成

レンズ交換式カメラ

デジタル一眼レフカメラ

デジタルレンジファインダー

ラインスキャンカメラシステム

レンズ一体型カメラ

インテグレーションカメラ

ブリッジカメラ

コンパクトデジタルカメラ

レンズ交換式カメラ(ILC)は、高品質な画像を生成するために最も人気のある製品です。また、光学レンズが取り付けられており、必要に応じてレンズを取り外したり、交換したりすることができます。

地域別の市場区分

アジア太平洋地域

欧州

北アメリカ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

アジア太平洋地域は、人口が多く、消費者の生活が豊かになっているため、現在最大の市場となっています。

市場の競合状況

デジタルカメラ市場における主要な企業の一部は以下の通りです。

キヤノン株式会社

株式会社ニコン

ソニー株式会社

パナソニック株式会社

オリンパス株式会社

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]