フレーバーとフレグランス市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

フレーバーとフレグランス市場は、2020年に317億米ドルの規模に達しました。フレーバーとフレグランスは、製品の香りや味を変えることで、製品全体の美的価値を高めるために使用される物質です。フレーバーは主に食品・飲料・乳製品・菓子業界で使用され、フレグランスはボディケア、ホームケア、化粧品などで上質な香りを提供するために使用されます。味覚と嗅覚は、製品の魅力を決定する重要な要素の一つです。フレーバーとフレグランスの可能性は、フローラル、ムスキー、ウォーム、ウッディなど、無限にあります。これらは通常、特定のフレーバーを提供したり、既存のフレーバーを強化するために、天然/人工の化学物質やエッセンシャルオイルを使用して調製されます。フレーバー業界の主な最終用途には、飲料、乳製品、菓子、肉、スナック、ヘルスケア、ベーカリーなどがあります。一方、フレグランス業界の主な最終用途には、化粧品・トイレタリー、石鹸・洗剤、家庭用洗剤・芳香剤などがあります。

市場の動向及び成長要因

世界のフレーバーとフレグランス市場を牽引しているのは、食品・飲料業界の堅調な成長です。世界人口の増加と都市化の進展を背景に、加工食品や飲料の需要は継続的に伸びており、市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、所得の増加、ライフスタイルの変化、外見に対する意識の高まりなどにより、パーソナルケア製品の市場も大きく成長しており、フレーバーやフレグランスの需要が高まっています。市場を牽引するその他の主な要因としては、新興市場、オーガニック・ナチュラル製品に対する需要の高まり、若年層の増加などが挙げられます。今後、2021年から2026年にかけて、世界のフレーバーとフレグランス市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

フレーバー市場

地域別の市場区分

北アメリカ

欧州

アジア太平洋地域

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

その他

地域別では、現在、北米がフレーバーの最大市場となっています。

製品タイプ別の市場構成

ネイチャーアイデンティカル

アーティフィシャル

ナチュラル

製品タイプ別では、現在、ネイチャーアイデンティカルが最も高い市場シェアを占めています。

形状別の市場構成

液体

ドライ

形状別では、液体が最も大きなシェアを占めています。

用途別の市場構成

飲料

乳製品および冷菓

ベーカリー&コンフェクショナリー製品

セイボリー&スナック

その他

用途別では、現在、飲料が最も高い市場シェアを占めています。

フレグランス市場

地域別の市場区分

北アメリカ

欧州

アジア太平洋地域

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

その他

地域別では、現在、北米がフレグランスの最大の市場となっています。

用途別の市場構成

石鹸・洗剤

化粧品・トイレタリー

ファインフレグランス

家庭用洗剤・芳香剤

その他

用途別では、現在、石鹸・洗剤が最も高い市場シェアを占めています。

成分別の市場構成

天然

合成

成分別では、合成成分が最も大きなシェアを占めています。

市場の競合状況

世界のフレーバーとフレグランス市場における主要な企業としては、Givaudan SA、Firmenich SA、International Flavors & Fragrances, Inc.、Symrise AG、Takasago International Corporation、Sensient Technologies Corporation、V. MANE FILS, SA、Robertet SA、T. Hasegawa Co, Ltd., Frutarom Industries Ltd., Bell Flavors & Fragrances, Inc., Archer Daniels Midland Company (ADM), Kerry Group plc, Ogawa & Co., Huabao International Holdings Limitedなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]