生分解性おむつ市場、2021年から2026年まで9.1%のCAGRで成長見込み

市場の概要

生分解性おむつ市場は、2020年に32億4,000万米ドルの規模に達すると予測されています。今後、2021年から2026年の間に市場は9.1%のCAGRで成長すると予測されています。

おむつは、赤ちゃんや大人がトイレに行かずに排便・排尿するために使用する吸収性のアイテムであり、生分解性のない石油化学系素材やプラスチック、または綿、竹、でんぷんなどの生分解性繊維で作られています。

市場の動向及び成長要因

環境問題への関心の高まりは、おむつの需要を促進する重要な要因となっています。生分解性おむつとは異なり、従来のおむつは埋め立て地ではあまり分解されません。さらに、分解されるまでに数百年かかることもあります。プラスチック製のおむつによって毎年埋立地に追加される大量の未処理廃棄物は、地下水を汚染する可能性もあります。さらに、おむつには、健康に悪影響を及ぼす可能性のあるいくつかの化学物質が含まれています。これらには、ダイオキシン、ポリアクリル酸ナトリウム、トリブチルチン、揮発性有機化合物、染料、香料などが含まれます。これらの化学物質は、かゆみの原因となるだけでなく、免疫力の低下、ホルモンの乱れ、がん、呼吸器系の問題など、さまざまな健康上の問題を引き起こす可能性があります。これらの化学物質の悪影響に対する意識の高まりは、消費者が天然素材で作られた生分解性のおむつに移行するきっかけにもなっています。市場を牽引するその他の主な要因としては、個人の衛生意識の高まり、乳幼児の死亡率の低下、大人用おむつの需要の増加、政府の取り組みの増加などが挙げられます。

主要な市場区分

生分解性おむつ市場は、原材料、エンドユーザー、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

原材料別の市場構成

綿/木材パルプ

澱粉

その他

綿/木材パルプが市場を支配し、最大のシェアを占めています。

エンドユーザー別の市場構成

乳幼児

大人

ベビー用おむつが圧倒的に多く、最大のシェアを占めています。

流通チャネル別の市場構成

薬局

スーパーマーケット・ハイパーマーケット

コンビニエンスストア

オンライン

その他

現在、薬局が最大のシェアを占めています。

地域別の市場区分

北アメリカ

欧州

アジア・パシフィック

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

北米が主要市場であり、最も高いシェアを占めています。

市場の競合状況

生分解性おむつ市場における主要な企業としては、Earth’s Best(Hain Celestial)、Bamboo Nature、Seventh Generation、Kimberely-Clark、GroVia、Naty AB、The Honest Company、Ontex Group、Babyganics、Unicharm、Pampur、Flip Diaper、Bumkins Companyなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]