水産飼料市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

水産飼料市場は、2020年に5,700万トンの規模に達しました。長年にわたり、水産養殖は、魚類、甲殻類、軟体動物の養殖を含む一般的な食糧生産手段となっています。水産養殖では、魚はプランクトンや昆虫、他の魚などの野生のものではなく、ペレットを食べます。水産飼料は一般的に、動物の年齢や種の要求に応じて、魚の餌や魚油などの異なる原材料や添加物を組み合わせて調製されます。水産飼料は、養殖されている水生動物に、栄養、成長促進、免疫抵抗性などのさまざまなメリットをもたらします。水産飼料には、圧力でペレット化したものと、押出成形したものがあります。これらのうち、押出成形飼料は水面に浮かび、圧力ペレット状の飼料は水に沈みます。

市場の動向及び成長要因

近年、魚介類の消費量が増加しており、それが養殖業の活性化につながっています。これが水産飼料市場の成長を促している主な要因の一つです。これに加えて、消費者は高品質な水産物がもたらすメリットを認識するようになりました。このことが、世界各地で改良された養殖用飼料の供給に良い影響を与えています。また、水産飼料の製造に使用される主な原料であるトウモロコシ、大豆、小麦、メイズを栽培するための広大な耕作地が確保されていることも、市場の成長の要因となっています。さらに、魚の大量生産の増加や、海洋飼料資源へのアクセスが限られていることなども、世界の水産飼料市場の成長を促進している要因の一つです。今後5年間、世界の水産飼料市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

世界の水産飼料市場は、種、成分、地域、添加物、製品形態に基づいて分類されています。

種別の市場構成

海老

ティラピア

キャットフィッシュ

海産魚類

サーモン

淡水甲殻類

トラウト

その他

世界の水産飼料市場では、鯉が最大のシェアを占め、海老、ティラピア、キャットフィッシュ、海産魚類、サーモン、淡水甲殻類、トラウト、その他が続きます。

成分別の市場構成

大豆

トウモロコシ

魚粉

魚油

添加物

その他

現在は、大豆が市場を独占しており、次いでトウモロコシ、魚粉、魚油、添加物、その他となっています。

地域別の市場区分

北アメリカ

アジア太平洋地域

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

その他

地域別では、アジア太平洋地域が世界の水産飼料市場で最大のシェアを占めています。

添加物別の市場構成

ビタミン・ミネラル

酸化防止剤

飼料用酵素

その他

添加物別では、ビタミン・ミネラルが最も多く、次いで酸化防止剤、飼料用酵素、その他となっています。

製品形態別の市場構成

ペレット

押出成形品

粉末製品

液体製品

製品形態別では、ペレットが世界の水産飼料市場を席巻し、押出成形品、粉末製品、液体製品と続きます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]