医療機関向けRCMアウトソーシング市場、2021年から2026年まで10.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

医療機関向けRCMアウトソーシング市場は、2020年に146億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は10.4%のCAGRで成長すると予想されています。

レベニュー・サイクル・マネジメント(RCM)は、支払い、請求処理、収益の管理に使用される財務プロセスです。医療費請求会社や医療施設では、問題への対処や請求処理のフォローアップを目的として利用されます。RCMアウトソーシングには、医師が収益サイクルをよりよくコントロールし、理解することができるなど、多くのメリットがあります。また、請求業務を維持し、オフィスのインフラ、ソフトウェア、機器などの運用コストを削減することができます。

市場の動向

ここ数年、各国の政府は医療に関する厳しい規制を導入しており、それに伴い、医療施設や医療費請求会社の運営コストが大幅に上昇しています。このような状況下で、アウトソーシング企業は収益サイクル管理を支援する機会を得ており、これが医療機関向けRCMアウトソーシング市場の成長を促進する主な要因となっています。加えて、医療機関は財政難などの問題に直面しており、請求のスピードアップが求められています。このことが、RCMアウトソーシング会社の需要拡大に大きく貢献しています。さらに、工業化や都市化の進展、世界的な疾病の急増なども、市場の成長を促進する要因となっています。

主要な市場区分

世界の医療機関向けRCMアウトソーシング市場は、タイプ別、サービス別、エンドユーザー別に分類されています。

タイプ別の市場構成

タイプ別に、市場はプレインターベンション、インターベンション、ポストインターベンションに分類されます。

サービス別の市場構成

バックエンド

ミドルエンド

フロントエンド

市場はさらにサービス別に分類され、バックエンドサービス、ミドルエンドサービス、フロントエンドサービスがあります。このうち、バックエンドサービスが市場の大半を占めています。

エンドユーザー別の市場構成

病院

その他

エンドユーザー別では、病院が最大の市場となっています。

地域別の市場区分

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア太平洋地域

中近東、アフリカ

ラテンアメリカ

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。現在、北米は、EHR(Electric Health Record)システムや病院情報システムなどの先進技術の導入が進んでいることから、市場をリードしています。

市場の競合状況

世界の医療機関向けRCMアウトソーシング市場で活躍している主な企業は以下のとおりです。

コニファー・ヘルス・ソリューションズ

Emdeon Business Services

メドアセッツ

McKesson

パラロン・ビジネス・ソリューションズ

The SSI Group

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]