キトサン市場、2021年から2026年にかけて約12%のCAGRで成長見込み

市場の概要

キトサン市場は、2020年に24億9,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約12%のCAGRで成長すると予想されています。

キトサンは、天然の脱アセチル化キチンで、エビ、カニ、ロブスター、キノコ、酵母などの硬い外骨格や殻から抽出されます。主に腎不全、肥満、貧血、高コレステロール血症、高リン血症、不眠症、クローン病などの治療薬の原料として使用されています。製薬業界では、キトサンは、食用フィルムの開発、錠剤の充填剤、放出制御型医薬品のキャリアー、特定の薬用塩の溶解性向上などに利用されています。また、抗菌・抗真菌作用を持つキトサンは、天然の抗菌剤として化粧品、農業、食品などの分野で幅広く利用されています。

市場の動向及び成長要因

製薬業界の成長に加えて、世界的に廃水処理の必要性が高まっていることが、市場成長の主な要因となっています。製薬業界では、キトサンは抗菌性を備えたバイオマテリアルであり、バイオメディカルや組織再生デバイス、血液透析膜、ドラッグデリバリーシステムのインプラントコーティングなどの製造に需要があります。さらに、重鉱物、リン、オイルなど、産業廃棄物、都市廃棄物、商業廃棄物に含まれる不純物を除去するための水処理プラントでの需要も増加しています。また、凝集剤、凝固剤、キレート剤としても使用されており、これも大きな成長の要因となっています。さらに、キトサンには毒性がないため、食品添加物や栄養補助食品としての採用が増えています。その他の市場成長要因としては、地表水、地下水、飲料水の質の向上を目的とした様々な政府政策や、非水系の水源からキトサンを開発するための研究開発の強化などが挙げられます。

主要な市場区分

世界のキトサン市場は、グレード、ソース、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

グレード別の内訳

工業用グレード

食品グレード

医薬品グレード

ソース別の内訳

エビ

カニ

イカ

クリル

その他

アプリケーション別の内訳

水処理

食品・飲料

化粧品

医療・医薬品

農薬

その他

地域別の内訳

アジア太平洋

ヨーロッパ

北アメリカ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のキトサン市場における主要な企業としては、Primex EHF、Heppe Medical Chitosan、Advanced Biopolymers AS、Meron Biopolymers、Kitozyme、Golden-Shell Biochemical、FMC Corporation、Agratech、Axio Biosolutions、Marshall Marine Productsなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]