低電圧ケーブル市場、2021年から2026年にかけて4.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

低電圧ケーブル市場は、2020年に564億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に4.5%のCAGRで市場が成長すると予想されています。

低電圧(LV)ケーブルは、定格電圧が小さい電気機器に電力を供給するために使用されます。交流の場合は50〜1000ボルト、直流の場合は75〜1500ボルトに対応します。これらのケーブルは、ソリッドまたはストランドのアルミニウムとフレキシブルな銅の導体で製造されています。高品質のLVケーブルは、ハロゲンフリー、耐火性があり、エネルギーの効率的な使用、迅速なデータ転送とシームレスな操作を保証します。LVケーブルは主に、オートメーションシステム、インフラ、ビデオ監視、音響、セキュリティアラームなどの低ストレス用途に使用されます。

市場の動向及び成長要因

世界的なエネルギー需要の増加とスマートグリッドネットワークの導入が、市場成長の主な要因となっています。また、様々な産業での無停止電力供給に対するニーズの高まりにより、様々な地域での発電、配電、送電が増加しており、その結果、LVケーブルの利用率が高まっています。また、風力発電機のナセル内で、変圧器と低電圧発電機を接続するためにも使用されています。また、発電プロセスに再生可能エネルギー資源を取り入れる傾向が強まっていることも、市場をさらに押し上げる要因になると予想されます。また、都市化やデジタル化の進展に伴い、人口が急増していることから、スマートデバイスと統合可能な効率的な送電機器の需要が高まっています。さらに、スマートグリッドやその他の電力システムでは、スイッチ、リレー、メーターなどの自動化された電子ハードウェアおよびソフトウェアが使用されており、ネットワークの運用プロセスの円滑な機能と制御を可能にするため、LVケーブルを必要としています。

主要な市場区分

世界の低電圧ケーブル市場は、設置タイプ、材料、架空製品、地下製品、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

設置タイプ別の市場構成

オーバーヘッド

地下

材料別の市場構成

アルミニウム

架空製品別の市場構成

導線

継手・固定具

その他

地下製品別の市場構成

PVCケーブル

XLPEケーブル

ケーブル成端

ケーブルジョイント

その他

エンドユーザー別の市場構成

インフラストラクチャー

商業施設・住宅

交通機関

産業用

公共事業

石油・ガス

鉱業

化学・石油化学製品

再生可能エネルギー

風力

ソーラー

地域別の市場区分

アジア太平洋

ヨーロッパ

北アメリカ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

低電圧ケーブル市場における主要な企業としては、Prysmian Group、Nexans、General Cable、ABB、住友電気工業、NKT、Encore Wire Corporation、Finolex Cables、TE Connectivity、Caledonian Cables、Polycab Wires、Leoni、Southwire、Wanda Group、Hangzhou Cableなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]