地下採掘機械市場、2026年に292億米ドル到達見込み

市場の概要

世界の地下採掘機械市場は、2020年に243億米ドルの価値に達しました。今後、2026年には292億米ドルに達すると予想されています。

地下採鉱とは、地殻の奥深くに埋もれている鉱物や鉱石を採取するプロセスです。地下で行われる採掘技術には、主にハードマイニングとソフトマイニングがあります。ハードマイニングでは、鉛、銅、ニッケル、鉄、金、銀などの硬い鉱物を採掘します。一方、ソフトマイニングでは、カリ、石炭、オイルシェールなどの鉱物を採掘します。採掘する鉱物の種類に応じて、さまざまな種類の鉱山機械が市場に出回っています。地下採掘に使用される機器には、オーバーヘッドローダー、ドラッグライン、ショベル、運搬車、フロントエンドローダー、ギャザリングアームローダー、コンベヤーなどがあります。

市場の動向及び成長要因

先進国・途上国を問わず安定した経済成長、可処分所得の増加、中間層の増加などを背景に、鉄、金、銅、石炭、鉛、アルミニウム、銀などの各種鉱物の需要が大幅に増加しています。これに伴い、地下採掘機械の需要も高まっています。また、都市化・工業化の進展に伴い、石炭や核燃料などのエネルギー消費量が大幅に増加していることも、地下採鉱機械の需要にプラスの影響を与えています。また、地下の採掘は、地上の採掘に比べて環境への影響が少ないです。地下で爆発させれば、有毒ガスが周囲に放出されることもありません。その他、市場を牽引している要因としては、手作業の不足とそのコストの上昇、歩留まりと生産性の向上への関心の高まり、高品質な機器の使用促進などが挙げられます。

主要な市場区分

世界の地下採掘機械市場は、採掘の種類、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

採掘の種類別の市場構成

ロングウォール

ルーム・ピラー

採掘の種類に基づいて、市場はロングウォールとルーム・ピラーに分類されています。現在、ロングウォールが最大のセグメントとなっています。

アプリケーション別の市場構成

石炭鉱業

金属鉱業

鉱物採掘

アプリケーション別では、石炭鉱業が最大のセグメントです。その他の主な用途としては、金属鉱業、鉱物鉱業などが挙げられます。

地域別の市場区分

アジア太平洋地域

北アメリカ

ヨーロッパ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋、北米、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。その中でも、アジア太平洋地域が最大の市場となっています。

市場の競合状況

世界の地下採掘機械市場における主要な企業としては、Caterpillar Inc.、Epiroc AB、日立建機株式会社、株式会社小松製作所、Liebherr、Sandvik AB、Sany Group Co.Ltd.、Volvo、BELAZ、XCMG Groupなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]