フェライト磁石粉末市場、2021年から2026年までCAGR4.72%で成長見込み

市場の概要

フェライト磁石粉末市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。同市場は、2021年から2026年の間に4.72%のCAGRで成長すると予想されています。

フェライト磁石は費用対効果が高く、金属磁石の代替品として使用することができます。フェライト磁石は、減磁に強く、耐食性にも優れていることから、メーカーの間で徐々に普及しつつあります。フェライト磁石には、ストロンチウム・フェライト磁石とバリウム・フェライト磁石の2種類があります。

市場の成長要因

フェライト磁石の粉末は、電気絶縁性を持つセラミック磁石に由来しています。酸化鉄は、フェライト磁石粉の製造過程で重要な役割を果たす重要な原料として使用されます。現在、フェライト磁石粉の市場を牽引している要因はいくつかあります。市場の成長に大きく貢献している主な要因は、フェライト磁石粉の産業用途が拡大していることです。その用途としては、中・高エネルギーのスピーカーリング、磁気セパレータ、玩具、ノベルティ、磁気治療、保持磁石システム、自動車用モーター、NMR装置、磁気記録テープのコーティングなどが挙げられます。

主要な市場区分

主要地域を基準に市場を区分しています。中国、米国、日本、インドなどが含まれています。中でも、中国はフェライト磁石の最大の生産国かつ消費国でもあり、総需要の60%以上を占めています。

市場の競合状況

主要なフェライト磁石メーカーは、中国と日本に位置し、JPMF Guangdong Co. Ltd.、Ningbo Yunsheng Co. Ltd., Hangzhou Permanent Magnet Group, Hitachi Metals Ltd., Daido Steel Co. 信越化学工業株式会社 杭州永久磁石グループなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]