エッグパウダー市場、2021年から2026年の間、CAGR6%で緩やかに成長見込み

市場の概要

エッグパウダー市場は、2020年に16億5,200万米ドルに達しました。今後、2021年から2026年の間、同市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。エッグパウダーは、通常の卵の代替品として広く使用されており、完全に脱水された卵を粉末状にしたものです。エッグパウダーは、通常の卵と組成が似ており、同様の効果が得られます。

市場の成長要因

エッグパウダーの世界的な需要を押し上げている主な要因の一つは、保存期間の長さと携帯性の良さです。エッグパウダーの保存期間は5〜10年で、密閉容器に入れておけば腐ることはありません。割れてしまう可能性のある本物の卵とは異なり、冷蔵保存の必要もなく、簡単に持ち運びができます。通常の卵と同じ量のタンパク質が含まれているだけでなく、乳糖が含まれておらず、炭水化物、コレステロール、脂肪が少なく、全卵と比べて体積あたりの重量が少なくなっています。

また、エッグパウダーは物理的な形状をしているため、廃棄物が少なく、殻付き卵のように使用後に残らないなど、利便性に優れています。エッグパウダーには、卵白パウダー、卵黄パウダー、全卵パウダー、卵殻パウダーなど、さまざまな製品があります。これらの製品群は、人々の様々なニーズに応えることができます。卵白パウダーにはタンパク質が豊富に含まれており、卵黄パウダーには卵の脂肪分が多く含まれています。低カロリー、高タンパクの食事をしている人は、卵黄と卵白を分ける手間をかけずに、簡単に卵白パウダーを摂取することができます。

数々の利点に後押しされ、エッグパウダーは、その優れた結合力と乳化能力により、食品産業の無数の用途に欠かせない要素となっています。世界のエッグパウダー市場は今後5年間、緩やかな成長を遂げると予想されています。

主要な市場区分

世界のエッグパウダー市場は、地域別、タイプ別、エンドユース別に分類されています。

タイプ別の内訳

世界のエッグパウダー市場は、タイプ別に全卵パウダー、卵黄パウダー、白卵パウダーに分類されています。現在、全卵粉が最大の市場となっています。

地域別の内訳

地域別では、世界のエッグパウダー市場は、ヨーロッパ、アジア太平洋、北米、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分けられます。その中で、ヨーロッパが最大の市場となっています。

エンドユース別の内訳

用途別では、ベーカリーがエッグパウダーの最大の用途となっています。続いて、ソース、ドレッシング、ミックスとなっています。

市場の競合状況

世界のエッグパウダー市場の主要企業には、Sanovo Group、Weko Group、Eurovo S.R.L.、Rembrandt Enterprises Inc.、Rose Acre Farms, Inc.、Kewpie Egg Corporationなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]