スポーツ・エナジードリンク市場、2021年から2026年にかけて緩やかに成長見込み

市場の概要

スポーツ・エナジードリンク市場は、2020年に933億米ドルの規模に達しました。スポーツドリンク・エナジードリンクは、スポーツやフィットネス活動を行う際に、体内の電解質や炭水化物を補給する飲料を指します。スポーツドリンクには、塩化物、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、カリウムなどが豊富に含まれており、アスリートやスポーツ愛好家に広く飲まれています。一方、エナジードリンクには糖分と刺激物が含まれており、消費者に精神的・肉体的な刺激を与えます。エナジードリンクには、カフェイン、アミノ酸、ハーブエキス、甘味料などが含まれている有色のものと無色のものがあります。これらの飲料は瞬時にエネルギーを補給できるため、世界中で、特にミレニアル世代を中心に需要が急増しています。2021年から2026年にかけて、スポーツ・エナジードリンク市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

スポーツ・エナジードリンク市場の成長要因

ヨガやエアロビクスのような従来とは異なるフィットネス活動の人気が高まっていることに加え、ハーフマラソンやフルマラソンへの参加が増加していることから、世界的にエナジードリンクの需要が高まっています。さらに、消費者がオーガニックではないスポーツドリンクやエナジードリンクの常用による健康問題を意識するようになったため、いくつかのメーカーがオーガニックのガラナや生のグリーンコーヒー豆エキスなどの天然成分を含むドリンクを発売しています。さらに、様々な成分や、錠剤タイプのボトルなどの異なるパッケージ技術を取り入れて製品を開発しています。また、革新的なマーケティングや広告戦略に投資して、製品ポートフォリオを拡大しています。例えば、モンスタービバレッジ株式会社は、2014年に特定の消費者層をターゲットにした柑橘系フレーバーのエナジードリンク「Valentino Rossi」の特別版を発売しました。スポーツドリンクやエナジードリンク市場の成長に寄与しているその他の要因としては、ライフスタイルの変化、食の嗜好の変化、消費者の長時間労働などが挙げられます。

スポーツドリンクの市場区分

製品タイプに基づいて、市場はアイソトニック、ハイパートニック、ハイポトニックに分類されています。現在、アイソトニック飲料が最大の市場シェアを占めています。

パッケージタイプ別では、ボトル(ペット/ガラス)、缶、その他に分類されています。現在、ボトル(ペット/ガラス)が最大のパッケージタイプとなっています。

流通チャネル別では、スーパーマーケット・ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、オンライン、その他に分類されます。現在、コンビニエンスストアが最大の流通チャネルであり、市場シェアの大半を占めています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。現在、北米が最大の市場シェアを占めています。

エナジードリンクの市場区分

製品タイプ別に、市場はアルコール飲料と非アルコール飲料に分けられます。現在、アルコール系飲料が市場シェアの大半を占めています。

タイプ別に見ると、市場は非オーガニックとオーガニックに分かれています。現在、非オーガニックのエナジードリンクが主要カテゴリーとなっています。

パッケージングタイプに基づいて、市場はボトル(ペット/ガラス)、缶、その他に分類されています。現在、ボトル(ペット/ガラス)が最大の市場シェアを占めています。

流通チャネル別では、スーパーマーケット・ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、オンライン、その他に分類されます。現在、コンビニエンスストアが最大の流通チャネルであり、市場シェアの大半を占めています。

ターゲットとなる消費者に基づいて、市場は10代、成人、老年層に分けられます。現在、成人が市場シェアの大半を占めています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。現在、世界市場では、北米が最大のシェアを占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]