ベンゼン市場、2026年に763億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ベンゼン市場は、2020年に615億米ドル規模に達しました。今後、2026年には市場規模が763億米ドルに達すると予想されています。

ベンゼンは、化学式C6H6で表される無色透明で引火性の高い化合物で、ガソリンのような甘い匂いがします。ベンゼンは、石油精製の際に副産物として生成されるほか、原油やガソリン、タバコの煙などにも含まれています。ベンゼンは様々な産業分野で使用されていますが、その毒性のために非産業分野での使用は限られています。ベンゼンに継続的にさらされると健康に悪影響を及ぼす可能性があり、発がん性物質としても認識されています。ベンゼンは以前、コーヒーのカフェイン除去や金属の脱脂などに広く使用されていましたが、現在ではより毒性の低い化学物質がこれらの用途に急速に取って代わっています。

市場の動向及び成長要因

建設活動における断熱材の利用の増加は、市場成長の主な要因の一つです。また、都市化の進展と可処分所得の増加に伴い、シンナーや家具用ワックスなどの消費財の需要が世界的に増加しています。さらに、ベンゼンはいくつかの商業、工業、研究活動において重要な溶剤としての役割を果たしています。例えば、アルキルベンゼンは、洗剤を製造するための界面活性剤の製造に広く使用されています。また、ベンゼンのもう一つの誘導体であるシクロヘキサンは、繊維製品の原料であるナイロンを製造するための基本的な原料です。また、塗料やラッカーの製造にベンゼン誘導体が使用されていることから、塗料・コーティング産業(PCI)の発展もベンゼン市場の成長要因となっています。

主要な市場区分

ベンゼン市場は、誘導体、製造工程、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

誘導体別の市場構成は以下の通りです。

エチルベンゼン

クメン

シクロヘキサン

ニトロベンゼン

直鎖アルキルベンゼン

無水マレイン酸

その他

製造工程別の市場構成は以下の通りです。

ナフサの熱分解・水蒸気分解

ナフサの接触改質

トルエンのヒドロデアルキル化

トルエンの不均化

バイオマスからの製造

アプリケーション別の市場構成は以下の通りです。

プラスチック

樹脂

合成繊維

ゴム系潤滑油

その他

地域別の市場区分は以下の通りです。

アジア太平洋地域

ヨーロッパ

北アメリカ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のベンゼン市場における主要な企業としては、BASF、Sinopec、Royal Dutch Shell、China National Petroleum Corporation、DuPont、Saudi Basic Industries Corporation、China Petroleum & Chemical Corporation、ExxonMobil Corporation、JX Holdings、BP、Borealis AG、Braskem、Repsol、Arsol Aromatics GmbH & Co. KGなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]