生物農薬市場、2021年から2026年の間、14%のCAGRで成長見込み

市場の概要

生物農薬市場は、2020年に39億6,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に同市場は約14%のCAGRで成長すると予想されています。

生物農薬とは、植物、微生物、生化学物質などの自然界に存在する物質を用いて製造された有機害虫忌避剤を指します。バイオ除草剤、バイオ殺虫剤、バイオ殺菌剤は、最も一般的に使用されている生物農薬製品の一部です。バイオ殺虫剤は、農作物の雑草や害虫の成長を抑える働きがあり、通常、葉面散布や土壌に直接添加して農作物を処理します。従来から使用されている合成農薬と比較して、生物農薬は本質的に毒性が低く、害虫を永続的または長期的に防除することができ、少量の散布でも高い効果を発揮します。

市場の動向及び成長要因

農業分野の著しい成長と、有機農法の導入の増加が、市場成長の主な要因となっています。土壌の健全性、農業の持続可能性、環境安全性への関心が高まっていることから、土壌の肥沃度を向上させ、植物の侵入を防ぐために生物農薬を使用するケースが増えています。さらに、化学合成農薬やその他の農業添加物の使用による環境への悪影響に関する消費者の意識の高まりも、市場の成長を後押ししています。人工的な農薬や肥料は有毒な残留物を残すことが知られており、微生物のバランスを崩し、土壌汚染を引き起こし、土壌中の生物防除剤のレベルを低下させる可能性があります。また、化学物質を含まない原材料を使用したオーガニック食品への消費者の嗜好の変化が、市場の成長にプラスの影響を与えています。その他の要因としては、農業科学分野における技術革新や、持続可能な農業を推進するための有利な政府政策の実施などが、今後数年間の市場を牽引すると予測されます。

主要な市場区分

世界の生物農薬市場は、製品別、剤形別、供給源別、適用形態別、作物の種類別、地域別に基づいて分類されています。

製品別の内訳は以下の通りです。

生物除草剤

生物殺虫剤

バイオ殺菌剤

その他

剤形別の内訳は以下の通りです。

液体

乾式

供給源別の内訳は以下の通りです。

微生物

植物エキス

生化学物質

適用形態別の内訳は以下の通りです。

葉面散布

種子処理

土壌処理

ポストハーベスト

作物の種類別の内訳は以下の通りです。

穀類と穀物

油糧種子および豆類

果実と野菜

その他

地域別の内訳は以下の通りです。

北アメリカ、アジアパシフィック、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の生物農薬市場における主要な企業としては、BASF、Bayer Cropscience、Certis USA LLC、FMC Corporation、Isagro、Koppert B.V.、Marrone Bio Innovations、Novozymes Biologicals、Stockton (Israel) Ltd.、Syngenta、The Dow Chemical Company、Valent BioSciences Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]