デジタルビデオコンテンツ市場、2026年に2,044億米ドル到達見込み

市場の概要

デジタルビデオコンテンツの市場規模は、2020年に1,720億米ドルに達しました。同市場は、2026年には2,044億米ドルに達すると予想されています。

デジタルビデオコンテンツは、テレビ番組、映画、ミュージックビデオ、広告などで構成され、様々なデジタルプラットフォームでオンライン視聴されます。デジタルビデオコンテンツは、スマートフォン、タブレット、ラップトップ、スマートテレビなどで視聴できる、最も便利なエンターテインメントの一つです。現在、スマートフォンの販売台数の増加や、デジタルメディアに対応した機器の増加に伴い、特に若年層を中心にデジタルビデオコンテンツの需要が高まっています。また、デジタルビデオコンテンツの人気は、ブランドがデジタルプラットフォーム上で新製品を紹介することを可能にし、幅広い消費者層へのアプローチを可能にしています。

インターネットの普及率の上昇に伴い、Amazon Prime Video、Netflix、Hulu、YouTubeなどのOTT(Over-the-Top)メディアサービスが世界中で人気を博しています。これに伴い、4Gの拡大は、Wi-Fiサービスへの容易なアクセスと相まって、世界中でデジタルサービスの全体的なコストを削減しています。その結果、人口のかなりの部分がケーブルテレビに取って代わり、娯楽目的でデジタルビデオサービスに移行しています。また、ソーシャルメディアを積極的に利用するユーザーが増加していることから、多くのブランドやマーケティング会社が、消費者層を拡大するために、従来の広告方法からソーシャルメディア上のデジタル広告へと移行しています。また、ライブ・ストリーミング・ビデオは、手頃な価格で簡単にアクセスできるマーケティング・ソリューションであるため、プロモーション目的で活用されています。

主要な市場区分

世界のデジタルビデオコンテンツ市場は、地域別、ビジネスモデル別、デバイス別、タイプ別に分類されています。

ビジネスモデル別では、サブスクリプション、広告、Download-to-Own (DTO)、その他に分かれています。

現時点では、広告が最大のシェアを占めています。広告は最大のリーチを提供し、より良いエンゲージメントを可能にします。

デバイス別では、ノートPC、パーソナルコンピュータ(PC)、モバイル、その他に分かれています。

現在は、所得水準の上昇や、デジタルビデオコンテンツを視聴するためのスマートフォンへの依存度の増加により、モバイルが市場を支配しています。

タイプ別では、ビデオ・オン・デマンド(VOD)、オンラインビデオに分かれています。

現在、オンラインビデオコンテンツが市場全体の大半を占めています。これは、ユーザーがオンラインで動画を視聴・共有できるソーシャル・メディア・プラットフォームの人気が高まっていることに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]