ダーマルフェイシャルフィラー (顔用皮膚充填剤)市場、2026年まで緩やかに成長見込み

市場の概要

ダーマルフェイシャルフィラー (顔用皮膚充填剤)市場は、2020年に26億4,000万米ドルの規模に達しました。顔用皮膚充填剤は、皮膚の下に存在する軟部組織を埋める注射剤です。顔用皮膚充填剤には、合成のものと天然のものがあります。加齢に伴い、皮膚の柔軟性は失われ、顔の形を整えたり、支えたり、ボリュームを加えたりするのに役立つ自然な水分も失われていきます。その結果、シワやたるみが発生するのです。顔用皮膚充填剤は、顔の特定の部分に小さな注射をすることで適用されます。上記の要因で失われたコラーゲンを補うことで、穏やかに顔の皮膚を引き上げ、ポンプのようにします。顔用皮膚充填剤は、加齢やシワ、たるみのある肌の見た目を改善するのに役立ちます。顔用皮膚充填剤は、非侵襲的な治療法として、シワの最小化や除去、傷跡による凹みの改善、唇の補強、失われた軟組織の補充など、顔面の皮膚を若返らせるために使用されます。

市場の動向及び成長要因

顔用皮膚充填剤市場は、顔のシワや傷跡の治療を求める人の増加に大きく牽引されています。この増加は、偏った食生活、ストレス、不眠症などの継続的な増加を理由としています。また、この治療法は非侵襲的であり、治療に時間がかからないことも、顔用皮膚充填剤市場の大きな原動力となっています。さらに、術後に生じる複雑な問題も減少しています。さらに、この手術は非常に小さな切開で済むため、傷跡が目立たず、これが市場全体の成長にプラスの影響を与えています。同市場の成長を促進しているその他の要因としては、高齢化社会の到来、可処分所得の増加、youtubeやInstagramなどのソーシャルメディアを通じた認知度の向上などが挙げられます。今後5年間、顔用皮膚充填剤市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]