食品・飲料用コーディング・マーキング機器市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

食品・飲料用コーディング・マーキング機器市場は、2020年に18億米ドルの規模に達しました。食品・飲料業界では、製品固有の情報を提供するためにコーディング・マーキング機器が使用されています。一般的なマーキング・コーディング形式には、バーコード、QRコード、2次元コードなどがあり、製品の価格、製造日、バッチ番号、賞味期限、保存期間、成分、業界認定などの情報が含まれます。マーキング・コーディングは、サプライチェーンのトレーサビリティーや製品の視認性の向上に役立ちます。また、製品の信頼性や鮮度を消費者に保証することで、ブランドイメージの構築や維持にも役立ちます。最近では、消費者の習慣を追跡し、ニーズに合ったマーケティングプログラムを作成するためにマーキングやコーディングを活用しています。

市場の成長要因

近年、偽造品の増加に伴い、各国の政府は、食品メーカーにパッケージへの詳細な製品情報の印刷を義務付ける厳格な規制を実施しています。これらの規制は、業界における最新のコーディング・マーキング機器の需要にプラスの影響を与えています。さらに、健康や安全への関心の高まりから、消費者は規制当局の証明書やトレーサビリティータグの付いた製品を求めるようになりました。これに加えて、世界の食品・飲料用コーディング・マーキング機器市場では、効率性と柔軟性を最大化する一連の技術的進歩が見られます。例えば、メーカーは、廃棄物や生産コストを削減するために、未使用のインクをリサイクルするプリンタを導入しています。また、ダウンタイムを減らすために、交換の必要性が低い機器を開発しています。世界の食品・飲料用コーディング・マーキング機器市場は、今後5年間で緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

タイプ別の市場構成

・一次包装用コーディング

・二次包装用コーディング

現在、一次包装用コーディングが最も高いシェアを占めています。

技術別の市場構成

・コンティニュアス・インクジェット

・レーザー

・熱転写式オーバープリント

・ラベリングマシン

・ピエゾ式インクジェット

・バルブインクジェット

・サーマルインクジェット

現在、最大のセグメントはコンティニュアス・インクジェットです。

アプリケーション別の市場構成

・食品業界

・飲料業界

地域別の市場構成

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の食品・飲料用コーディング・マーキング機器市場は、多数の大小のメーカーで構成されています。市場で事業を展開している大手企業の一部を紹介します。

・ダナハー

・ドミノ

・日立

・ディアグラフ

・IDテクノロジー

・スーパーケースコーディング

・ユニバーサルラベリング

・サトーアメリカ

・デュラブル・テクノロジーズ

・Jantech Marking Equipment

・ブラザー工業

・ドーバー社

・イリノイツールワークス

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]