無段変速機システム市場、2026年まで緩やかに成長見込み

市場の概要

無段変速機(CVT)システムの市場規模は、2020年に186億米ドルに達しました。無段変速機とは、連続した範囲の異なるギア比をシームレスに変化させる自動変速機の一種です。無段変速機、プーリー変速機、単段変速機、二輪車ではツイストアンドゴー変速機とも呼ばれています。CVTシステムは、ギアの代わりに、対向する円錐形の2つの可変直径プーリーと、その間を走る金属ベルトまたはチェーンを採用しています。従来のオートマチックトランスミッションと比較して、より使いやすいパワーと運転の利便性を提供します。また、低いエンジン回転数で最大の速度を得ることができるため、燃費が非常に良いのが特徴です。CVTシステムは、低重量、コンパクトサイズで、可動部品が少ないため、世界中の自動車メーカーで人気を集めています。今後5年間、世界の無段変速機システム市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

市場の成長要因

CVTシステムが提供する様々な利点により、その販売が増加しています。例えば、CVTシステムは、従来のオートマチックトランスミッションやマニュアルトランスミッションよりも素早い加速が可能であり、エンジン回転数を変更することで最大のパワーを引き出すことができます。

世界中で環境に優しい自動車の需要が高まっていることも、CVTシステム市場の見通しを明るくしています。CVTシステムは、低燃費であるだけでなく、低排出ガスを実現する優れたトランスミッションオプションです。

CVTシステムは比較的耐久性が高く、メンテナンスも少なくて済みます。CVTシステムは、油圧システム、マイクロプロセッサー、高強度スチールメタルベルト、高速センサーなどを備えており、エンジンの処理能力を向上させます。

トヨタのようないくつかのメーカーは、パワースプリットCVT技術を搭載したハイブリッド、電気自動車の中型ハッチバックモデルを生産しています。これらのシステムには、固定されたギア比や高いトルク処理能力など、いくつかの利点があり、需要の増加が見込まれています。

市場の競合状況

世界の無段変速機市場は、多数の大小のメーカーで構成されています。この市場で事業を展開している大手企業には、TEAM Industries, Inc.、シェフラーAG、Endurance Technologies Limited、NIDEC-SHIMPO、ZF Friedrichshafen AG、STEYR、Toyota Motor Corporation、Gaokin Industry Co., Ltd.、General Transmissions、Fallbrook Intellectual Property Company LLCなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]