計算流体力学(CFD)市場、2021年から2026年の間、堅調に成長見込み

市場の概要

計算流体力学(CFD)市場は、2020年に19億3,000万米ドルの規模に達しました。CFD(Computational Fluid Dynamics)とは、流体の流れや熱伝導、その他の関連現象を数値的に解析する科学的手法であり、応用数学、物理学、計算ソフトウェアを利用して、気体や液体が流れる対象物に与える影響を可視化します。CFDは、製品の試作品を発売前にテストするためのコスト効率の高い手法です。1980年代に導入されて以来、CFDは様々な発展を遂げ、モデリングや設計、研究開発など様々な分野で利用されるようになりました。

現在、計算流体力学市場が拡大しているのは、航空宇宙および航空産業の急速な発展によるものです。これらの分野では、CFDは、航空機の多数の重要なシステムやコンポーネントのメンテナンスに使用されています。例えば、エンジンの冷却システムや燃料供給システムの最適化などに使用されています。また、CFDは、新しいプロセスや設計の性能を、その製造や導入前に予測することができます。このため、CFDはいくつかの組織でエンジニアリング分析や設計環境に不可欠な要素となっています。今後5年間、計算流体力学(CFD)市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

計算流体力学(CFD)市場は、展開モデル、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

展開モデル別では、クラウドベースモデルとオンプレミスモデルとに分かれています。

エンドユーザー別の内訳は以下の通りです。

自動車、航空宇宙・防衛、電気・電子機器、産業機械、エネルギー、素材・化学処理、その他

地域別では、欧州、アジア・パシフィック、北アメリカ、中近東・アフリカ、ラテンアメリカに分けられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]