コンプレッサーオイル市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し

市場の概要

コンプレッサーオイル市場は、2020年に58億米ドルの規模に達しました。コンプレッサーオイルは、空調・冷凍システムのコンプレッサーの熱を下げ、冷却するための潤滑油です。コンプレッサーオイルは、金属部品の正常な機能を確保し、その防錆性により機械の性能を向上させます。また、コンプレッサーオイルは優れた酸化安定性を持ち、低炭素の残留物を残すため、ユーザーの運転およびメンテナンスコストを削減することができます。コンプレッサーオイルは、ベースオイルとさまざまな添加剤を組み合わせて製造されます。合成油、鉱物油、半合成油、バイオベースなど、使用するベースオイルの種類によって、コンプレッサーオイルの品質と寿命が決まります。コンプレッサーオイルは、建設、一般製造業、鉱業、発電、化学、石油化学など、さまざまな業界で使用されており、コストとエネルギーの節約に貢献しています。

市場の成長要因

コスト最適化の必要性は、市場成長の主な要因の一つです。コンプレッサーオイルは、熱の放散を助け、コンプレッサーの温度を維持します。これにより、コンプレッサーの摩耗や破損が減少し、スムーズな動作が可能になるため、メーカーは高額な修理費用を回避することができます。さらに、暖房・換気・空調(HVAC)業界の著しい成長と、特に発展途上地域でのコールドチェーン施設の設立も、コンプレッサーオイルの需要を高めています。また、環境に優しいコンプレッサーオイルなどの改良型製品を開発するための研究開発活動への投資が増加していることも、市場の成長を後押ししています。今後5年間、コンプレッサーオイル市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

コンプレッサーオイル市場は、コンプレッサータイプ、ベースオイル、用途、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

コンプレッサータイプ別の市場構成は以下の通りです。

ポジティブ・ディスプレイスメント・コンプレッサー

ダイナミックコンプレッサー

ベースオイル別の市場構成は以下の通りです。

合成油

ミネラルオイル

半合成油

バイオベースのオイル

用途別の市場構成は以下の通りです。

ガスコンプレッサー

エアーコンプレッサー

最終用途産業別の市場構成は以下の通りです。

一般製造業

建設業

石油・ガス

鉱業

化学・石油化学

電力会社

その他

地域別の市場区分は以下の通りです。

アジア太平洋

欧州

北アメリカ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

コンプレッサーオイル市場における主要な企業としては、Royal Dutch Shell PLC、ExxonMobil Corporation、BP International Limited、Chevron Corporation、Total S.A.、Sinopec Group、The PJSC Lukoil Oil Company、Indian Oil Corporation Ltd.、The Fuchs Group、出光興産株式会社、Petroliam Nasional Berhad (Petronas)、DuPont de Nemours, Inc. (DuPont)、Croda International PLC.、Sasol Limited、The Phillips 66 Company、Bel-Ray Company LLC.、Morris Lubricants Limited、Penrite Oil Companyなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]