コグニティブシステム市場、2026年まで大きく成長見込み

市場の概要

コグニティブシステムは、自然言語処理と機械学習の両方を用いて、人間と機械の相互作用を容易にする技術のカテゴリーです。コグニティブシステムは、科学分野と人工知能に基づいており、自動推論や音声認識も含まれます。コグニティブシステムは、様々なソースからの大量なデータを処理します。例えば、IBM Watsonは数十億のテキスト文書を数秒で読むことができます。また、人間の思考プロセスを理解、学習、評価するプロセスを踏むことで、人間の脳の働きを模倣しています。コグニティブシステム市場は2020年に181億米ドルの規模に達しています。

市場の推進要因

この市場の主な推進要因は、デジタルバンキングのトレンドが継続的に成長していることです。コグニティブシステムは、銀行や金融機関の業務を迅速化し、顧客の要求の高まりや競争の激化に対応するのに役立ちます。また、予測分析への需要が高まっていることも、市場の成長に拍車をかけています。この技術は、グループまたは個々の顧客の要求に応じてプログラムをカスタマイズする機会を提供し、生産プロセスの費用対効果を向上させるのに役立ちます。さらに、小売、医療、金融などのさまざまな分野で、大量の非構造化データを管理する必要性が高まっていることも、コグニティブシステムにおけるデータ分析の成長局面を後押ししています。世界のコグニティブシステム市場は今後5年間で力強い成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

コグニティブシステム市場は、製品タイプ別、最終用途別、地域別に分類されています。

製品タイプ別にソフトウェア、サービス、ハードウェアに分類しています。現在、ソフトウェアが市場全体の大部分のシェアを占めています。また、同市場は最終用途に基づいて分類されています。銀行業が市場を支配しており、次いで小売業、ヘルスケア業となっています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカを対象としています。その中でも、北米は世界シェアの大半を占め、主要市場となっています。

市場の競争状況

コグニティブシステム市場における主要な企業としては、IBM、Infosys、HP Inc.、Microsoft Corporation、SAP SEなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]