サーキットブレーカー市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し

市場の概要

サーキットブレーカー市場は、2020年に79億1,000万米ドルの規模に達しました。サーキットブレーカーは、電流の変動を防ぎ、回路に接続されている他の機器を保護するための自動安全装置で、電力を効率的に制御、調整、管理するのに役立ちます。現在では、低電流回路を保護する小型のものから、高電圧回路を保護する大型のスイッチギアまで、さまざまなサイズのものがあります。サーキットブレーカーは、低・中・高電圧に対応しているため、建設業や機関車、運輸業などで幅広く利用されています。

特に新興国では、急速な都市化と人口の増加に伴い、送電網の整備の必要性が大きく高まっています。そのため、これらの国の政府は、農村部や都市部の電力需要を満たすために、発電能力の拡大に注力しています。これにより、サーキットブレーカーの需要が高まっています。これとは別に、先進国の政府機関は、電気の安全性を確保し、無駄を最小限に抑えるために、古い電気機器をエネルギー効率の高いシステムに交換しています。また、先進国の政府機関は、電気の安全性を確保し、無駄を最小限に抑えるために、古い電気機器をエネルギー効率の高いシステムに交換しています。しかし、コロナウイルス(COVID-19)の感染者が急増し、パンデミックの拡大を防ぐために各国でロックダウンが実施されていることから、サーキットブレーカーの売上は全体的に減少しています。平常に戻れば、市場は成長するでしょう。2021年から2026年にかけて、サーキットブレーカー市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

サーキットブレーカー市場は、製品タイプ別、電圧別、技術別、エンドユーズ別、地域別に分類されています。

製品タイプ別の内訳は以下の通りです。

屋内用

屋外

電圧別の内訳は以下の通りです。

技術別の内訳は以下の通りです。

空気

真空

オイル

SF6

エンドユーズ別の内訳は以下の通りです。

送電・配電

再生可能エネルギー

発電所

鉄道

地域別の市場区分は以下の通りです。

アジア太平洋地域

北アメリカ

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の成長要因

近年、電力需要は日に日に増加しています。サーキットブレーカーは、電力の送電や配電の際に役立ちます。さらに、節電の必要性が高まっていることから、世界各国の政府は、効率的でスマートな電力網を構築するために様々な取り組みを行っています。これらの要因が、サーキットブレーカー市場の成長に貢献しています。

厨房機器、産業用工具・機械、IT製品などの安全性が重要視されていることが、サーキットブレーカーの需要拡大に大きく貢献しています。サーキットブレーカーを使用することで、電力の変動や短絡から電力メカニズム全体を安全に保護することができます。

サーキットブレーカーの市場が継続的に成長している重要な要因は、発展途上国における都市化と工業化の進行です。これにより、電力インフラが改善され、農村部への電力供給が増加しています。

また、メンテナンスコストの低さや機関車産業での使用の増加なども、世界のサーキットブレーカー市場の成長にプラスの影響を与えています。

市場の競合状況

サーキットブレーカーのトップメーカーとしては、ABBグループ、Alstom SA、Eaton Corporation Inc.、General Electric Company、Mitsubishi Electric Power Products, Inc.、Schneider Electric、Siemens AG、Camsco Electric Co. Ltd.、G&W Electric Co.、Kirloskar Electric Co. Ltd.、Larsen & Toubro Limited、Powell Industries Inc.、SCHURTER Holding AG、Sensata Technologies Inc.、Toshiba Corporationなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]