キレート剤市場、2021年から2026年まで緩やかに成長見込み

市場の概要

キレート剤は、金属イオンと反応して安定した水溶性の化合物を生成する有機物質です。キレート剤は、金属の化学組成を変え、他の物質と結合する能力を高めます。キレート剤は、不溶性の表面を形成して金属がさらに反応するのを防ぐため、腐食防止剤として使用されています。また、体内の重金属中毒を抑制し、金属による毒性作用を軽減するのにも役立ちます。キレート剤の使用は、環境に優しく、費用対効果に優れているため、様々な産業分野で多くの用途が見出されています。キレート剤市場は2020年に53億9,000万米ドルに達しました。

市場の動向

キレート剤は、パルプ加工や紙の製造において、木材パルプの漂白や繊維のリサイクルに使用されます。電子商取引の活発化に伴い、紙製の包装材の需要が増加しており、市場の成長を後押ししています。また、キレート剤は、家庭用および工業用の洗浄剤として、塩分や金属酸化物、硬水などの付着物を除去するために使用されます。都市化・工業化の進展と、衛生・清潔志向の高まりが、市場の成長に寄与しています。さらに、これらの化合物は、農薬分野において、作物生産に有効な微量栄養素の配合に利用されています。世界的な食糧需要の増加は、キレート剤市場の成長を促進しています。今後5年間、キレート剤市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

世界のキレート剤市場は、タイプ別、用途別、地域別に分類されています。

タイプ別では、アミノポリカルボン酸(APCA)、グルコン酸ナトリウム、有機ホスホネート、その他に分類されています。これらのうち、APCAが世界売上の大半を占めています。

用途別では、パルプ・製紙が最大のシェアを占めています。次いで、家庭用・工業用洗浄剤、水処理、農薬、パーソナルケア、その他となっています。

地域別では、アジア太平洋地域がトップで、北米、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカと続きます。

市場の競合状況

世界のキレート剤市場における主要なプレイヤーとしては、AkzoNobel NA、Archer Daniels Midland Company、BASF、Kemira Oyj、DOW Chemical Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]