セメントミキサー市場、2021年から2026年の間、緩やかに成長見込み

市場の概要

セメントミキサー市場は、2020年に130億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に緩やかな成長を示すと予想されています。

セメントは、石灰石と粘土の混合物を粉砕して作られ、世界中の建設プロジェクトで使用される不可欠で重要な高品質の原材料です。セメントミキサーは、セメント、骨材、砂、砂利、水を均一に混合し、コンクリートや結合材を形成する装置で、回転するドラムで構成されています。これらの機械は様々な分野で利用されており、建設現場でコンクリートを準備することで、硬化する前に作業員が混合物を使用するのに十分な時間を確保することができます。

市場の成長要因

手作業でセメントを混ぜると、人手が必要で時間がかかります。 一方、建設現場でのセメントミキサーの利用は、時間と労働力を節約するだけでなく、セメントの塊の形成を最小限に抑えることができます。このミキサーを使用することで、作業員の生産性が向上し、比較的経済的で生産性の高いプロセスとなります。その結果、中小企業では機器のレンタルやリースが増加しています。また、人口の増加と急速な都市化に伴い、住宅や商業施設の建設が増加しています。これに加え、世界各地でスマートシティの開発が進んでいることも、市場の成長に拍車をかけています。また、政府による公共インフラ整備への支出が増加していることも、世界各地でのセメントミキサーの販売を後押ししています。

主要な市場区分

世界のセメントミキサー市場は、製品タイプ別、エンドユーザー別、地域別に分類されています。

製品タイプ別の内訳は以下の通りです。

ディーゼルミキサー、ドラム回転式ミキサー、2軸ミキサー、傾斜型ミキサー、ノンチルティングミキサー

エンドユーザー別では、工業用、家庭用、商業用に分かれています。

地域別では、北アメリカ、アジアパシフィック、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中近東・アフリカに分かれています。

市場の競合状況

世界のセメントミキサー市場における主要な企業としては、Caterpillar、Liebherr-International AG、SANY GROUP、Sinotruk Hong Kong Ltd.、Akona Engineering Pvt. Ltd.、Henan Sanq Group Machinery Co., Ltd.、Lino Sella World、Shantui Construction Machinery Co., Ltd.、Terex Corporation、Zoomlion Heavy Industry Science & Technology Co., Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]