天井タイル市場、2021年から2026年まで4.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

天井タイル市場は、2020年に62億米ドルの規模に達しました。2021年から2026年の間に市場は4.4%のCAGRで成長すると予想されています。

天井タイルは、天井パネルとも呼ばれ、部屋や空間の美観を高めるために使用される軽量の建築材料です。天井タイルは、小屋裏、トレイ、ドーム型、アーチ型、装飾型、大聖堂型、吊り下げ型など、さまざまなタイプの天井に使用することができます。これは、粘土、金属、石膏、再生紙や天然でんぷんのような材料から製造されています。耐久性、メンテナンス性、耐火性、断熱性、吸音性、自然光の反射などの利点があります。その結果、オフィス、学校、カフェテリア、病院、店舗、ホテル、空港などの建築やリフォームに広く使用されています。

市場の成長要因

建設産業の復興を背景に、先進地域と発展途上地域の両方で、住宅、商業施設、工業用建物の建設が増加しており、これが天井タイル市場の成長を促進しています。また、欧米の影響を受けて、消費者はスタイリッシュで豪華なインテリアを提供する、手頃な価格の擬似天井を求めるようになっています。さらに、技術の進歩により、メーカーは施工プロセスを簡略化することができ、最終消費者に完璧な配置と最適な仕上がりを保証しています。

主要な市場区分

世界の天井タイル市場は、製品タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の内訳は以下の通りです。

ミネラルウール

石膏

メタリック

その他

現在、市場の大半を占めているのがミネラルウール製の天井タイルです。遮音性、耐久性、耐火性、光反射性などの多くの利点があるため、オフィスや病院、店舗などの建築物に広く使用されています。

用途別の内訳は以下の通りです。

非住宅用

住宅用

地域別の市場区分は以下の通りです。

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア太平洋地域

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

北米では、技術の進歩と建材からのVOC排出に関する厳しい規制により、市場でトップの地位を占めています。

市場の競合状況

世界の天井タイル市場における主要な企業は、以下の通りです。

SASインターナショナル

ROCKFON

USGコーポレーション

Knauf

Odenwald Faserplattenwerk GmbH

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]