白内障手術器具市場、2021年から2026年まで緩やかな成長見通し

市場の概要

白内障手術器具市場は、2020年に77億米ドルの規模に達しました。今後5年間、同市場は緩やかな成長を示すと予想されています。白内障とは、虹彩と瞳孔の奥にある眼球の自然なレンズが曇ることを指します。白内障は、40歳以上の人が視力を失う最も一般的な原因であり、世界の主要な失明原因の一つです。白内障の治療には、外科医が濁った水晶体を取り除き、人工的なレンズに交換する手術が行われます。白内障手術は視力回復に非常に有効であるため、最も一般的な手術の一つとなっています。

市場の動向

この市場を牽引しているのは、白内障の罹患率の上昇と、眼科分野における技術開発です。また、世界的な高齢化社会の到来により、白内障手術器具の需要が高まっています。一方で、インド、中国、ブラジル、南アフリカなどの発展途上地域では、白内障手術にかかる高額な費用が市場の成長を抑制する可能性があります。しかし、各国政府は、白内障関連疾患の患者負担を軽減するための医療制度やプログラムを打ち出しており、手術器具メーカーにとっては有利な機会となっています。

主要な市場区分

白内障手術器具市場は、製品タイプ別、用途別、地域別に分類されています。

製品タイプでは、眼内レンズ(IOL)、フェムトセカンドレーザー、眼科用粘弾性装置(OVD)、超音波乳化吸引装置などに分類されています。これらの中では、IOLが最も人気のある製品タイプとなっています。

用途別では、病院が最大のシェアを占め、次いで眼科診療所、眼科治療・手術センターとなっています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに市場は分類されています。現在、北アメリカが最大の地域となっています。

市場の競合状況

白内障手術器具市場における主要なグローバルプレイヤーとしては、Abbott Laboratories、Hoya Corporation、Carl Zeiss Meditec、Alcon Laboratories,Inc.、Essilorなどが挙げられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]