タイミングベルト市場、2021年から2026年まで緩やかな成長見通し

市場の概要

タイミングベルト市場は、2020年に61億6,000万米ドルの規模に達しました。タイミングベルトは、クランクシャフトの回転とエンジンのバルブが適切なタイミングで開閉するように同期させるために使用されるリブ付きのベルトです。タイミングベルトは、エンジンの前にあるタイミングカバーの下に固定されています。高品質のゴム製で、ベルトの寿命を延ばすためにナイロンで補強されたコードが内蔵されているのが一般的です。また、タイミングベルトは、ウォーターポンプ、オイルポンプ、バランスシャフトなど、クランクシャフトと同期する必要のある部品を駆動するためにも使用されます。

市場の動向及び成長要因

自動車の新車販売台数の増加に加えて、補修市場からの需要が増加していることから、タイミングベルトの世界的な需要が増加することが予想されます。自動車の販売は、世界的な景気後退の影響で多くの地域で低迷していましたが、先進国および新興国の両方で堅調に推移しています。これにより、タイミングベルトのOEM需要が増加しています。 タイミングベルト市場では、OEM販売が大きなシェアを占めていますが、需要の大部分は補修用の市場から来ています。ほとんどのタイミングベルトは通常、6万〜10万マイルごとに定期メンテナンスの一環として交換する必要があるため、タイミングベルトの交換市場の規模は、OEM市場よりも大幅に高くなっています。現在、世界のタイミングベルト市場の大部分は欧州と北米が占めています。しかし、アジア太平洋地域は、中国、インド、韓国、タイなどでの自動車販売の急成長に牽引されて、最も成長率の高い市場となっています。今後5年間、タイミングベルト市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

駆動タイプに基づいて、市場はドライベルト、チェーン、油中ベルトに分類されています。

コンポーネントに基づいて、市場はテンショナー、アイドラープーリー、タイミングシールド/カバー、スプロケットに分類されています。

車両タイプに基づいて、市場は乗用車と商用車に分類されています。

流通チャネル別では、OEMとアフターマーケットに分類されています。

地域別では、欧州、北米、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。

市場の競合状況

タイミングベルト市場における主要な企業としては、B&B Manufacturing、ContiTech、The Carlstar Group、Gates Corporation、J.K. Fenner Limited、ACDelco、Federal-Mogul Motorparts Corporation、Bando USA、Dayco、Ningbo Beidi Synchronous Belt、Goodyear SKF、Ningbo Fulong Synchronous Belt、MAHLE Aftermarket、Tsubakiなどが挙げられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]