アボカド加工市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し

市場の概要

アボカド加工市場は、2020年に19億2,000万米ドルの規模に達しました。アボカドは、ケーキなどの焼き菓子、高級スープミックス、前菜、油分を含む化粧品(オイル、スキンローション、石鹸、シャンプーなど)の製造に使用されます。アボカドは、ワカモレ、アボカドオイル、アボカドソース、冷凍製品など、さまざまな製品に加工することができます。

市場の動向及び成長要因

現在、アボカド加工市場の成長を牽引しているのは、いくつかの幅広い推進要因と傾向です。可処分所得の増加、ライフスタイルの変化、食習慣の多様化、加工食品の需要増加、化粧品用途の増加などが挙げられます。食生活の欧米化が進み、様々な料理が受け入れられるようになったことや、中間層が急増していることなどから、アボカドの消費量は世界的に増加しています。 さらに、アボカドを食べることで得られる栄養面や健康面でのメリットも需要を後押ししています。アボカドにはオレイン酸が豊富に含まれており、コレステロールの低下や心臓の健康増進、抗酸化物質としての働き、肌の改善、創傷治癒の促進、フリーラジカルの中和などの効果があります。アボカド加工市場は今後5年間で緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

アボカド加工市場は、製品タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場内訳は以下の通りです。

グアカモーレ

アボカドオイル

冷凍アボカド

アボカドソース

その他

アボカド加工市場では、現在、グアカモーレが最大のシェアを占めています。

用途別の内訳は以下の通りです。

食品・飲料

化粧品

医薬品

その他

現在、食品・飲料が最大のシェアを占めています。

地域別の市場区分は以下の通りです。

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア太平洋地域

中東・アフリカ

ラテンアメリカ

現在、北米が最大の市場となっています。

市場の競合状況

世界のアボカド加工市場で活動している大手企業は以下の通りです。

ホーリー

Yucatan

Sabra

PL

Calvio

サルドフードグループ

オリバード・グループ

スペクトラム・オーガニクス

Grupo Industrial Batellero

セサハル

ザ・ヴィレッジ・プレス

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]