ブリスター包装市場、2021年から2026年の間、緩やかに成長見込み

市場の概要

ブリスター包装市場は、2020年に213億米ドルの規模に達しました。ブリスター包装とは、熱成形されたプラスチックで作られた空洞と、紙やアルミ箔の裏で構成された、あらかじめ成形されたプラスチック包装のことです。熱、紫外線、湿気、汚染から保護しながら、内容物の大部分を消費者に見せることができます。そのため、カートンが不要となり、包装コストの削減につながります。さらに、製品の取り扱いや輸送が容易であることから、玩具、消費財、食品、医薬品などの包装に広く使用されています。

市場の成長要因

便利で改ざんのないパッケージへのニーズの高まりにより、医薬品業界におけるブリスターパッケージの需要は拡大しています。さらに、単位用量パッケージへの需要の高まり、OTC医薬品の販売、患者のコンプライアンス向上のためのモニタードーズシステムなどの要因が、市場の成長を促進しています。さらに、製薬業界や食品業界における技術の進歩により、メーカーはサプライチェーン管理を簡素化するためにブリスターパックにRFID(無線自動識別)タグを組み込むことが可能になりました。さらに、プッシュスルー、剥離、感圧、アンチロックなどの機構を備えた児童用耐性パッケージのような製品が生産方法を変えています。市場を牽引するその他の要因としては、生活習慣病の蔓延、人口の高齢化、厳格な規制要件、ジェネリック医薬品の需要増加などが挙げられます。今後、2021年から2026年にかけてブリスター包装市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

ブリスター包装市場は、製品タイプ、原材料、テクノロジー、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の内訳は、以下の通りです。

カード式

クラムシェル

現在、最も普及している製品タイプはカード式ブリスターパッケージです。コストパフォーマンスに優れ、さまざまな形状に成形できることから、医薬品、食品、小型消費財の包装によく利用されています。

原材料別の内訳は、以下の通りです。

ポリ塩化ビニル(PVC)

ポリ塩化ビニリデン(PVDC)

環状オレフィン共重合体(COC)

ポリプロピレン(PP)

これらの中で、最もポピュラーな原料はポリ塩化ビニル(PVC)で、市場全体の大半を占めています。PVCは、軽量、低コスト、優れたバリア性、不活性などの理由で使用されています。

テクノロジー別の内訳は、以下の通りです。

熱成形

冷間成形

現在、ブリスターパックの製造には熱成形技術が広く使われており、市場の大半を占めています。

エンドユーザー別の内訳は、以下の通りです。

ヘルスケア

消費財

工業用品

食品

エンドユーザー別では、ヘルスケア分野が市場全体の大半を占めています。

地域別の市場区分は、以下の通りです。

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア太平洋地域

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

北米は、ヘルスケア分野でペットボトルからブリスターパッケージへの移行が進んでいることや、パッケージ食品の需要が増加していることから、業界のリーディングポジションを占めています。

市場の競合状況

ブリスター包装市場における主要な企業としては、以下の企業が挙げられます。

Amcor Limited

Bemis Company, Inc.

The DOW Chemical Company

ウエストロック社

ソノコ・プロダクツ・カンパニー

コンスタンシア・フレキシブルズ社

E.I.デュポン社

ハネウェルインターナショナル社

テクニプレックス社

Display Pack, Inc.

Pharma Packaging Solutions

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]