ベビーフード・乳児用粉ミルク市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ベビーフード・乳児用粉ミルク市場は、2020年に427億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。

ベビーフードとは、果物や野菜、シリアルなどを柔らかくつぶしたもので、生後4ヵ月から2歳までの子ども向けに用意されています。一方、乳児用粉ミルクは、生後12ヶ月未満の赤ちゃんを対象に製造されます。乳児の成長に重要な役割を果たす必須栄養素が含まれているため、母乳の理想的な代替品と考えられています。赤ちゃんは筋肉や歯が発達していないため、十分に噛むことができず、ベビーフードや粉ミルクが主な栄養源となります。長年にわたり、幼い子供を持つ親のニーズは、利便性とより栄養価の高いパッケージされた食品にシフトしてきました。

市場の動向及び成長要因

最近の親は、正しい栄養が子供の成長と発達に影響を与えることを意識するようになってきています。その結果、タンパク質、ビタミン、ミネラル、炭水化物を豊富に含んだベビーフードや粉ミルクにシフトしています。これらの製品は主に粉末状で、水や牛乳に混ぜて使用することができます。また、消費者の意識の高まりを受けて、メーカーは売上拡大のために、オーガニックやプレミアム、加工を最小限に抑えたベビーフードや粉ミルクを発売しています。さらに、電子商取引が急増していることも、従来の小売形態と比べて消費者の利便性を高めていることから、これらの製品の売上を押し上げています。

主要な市場区分

世界のベビーフード・乳児用粉ミルク市場は、タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の内訳は以下の通りです。

ミルクフォーミュラ

乾燥したベビーフード

調理済みベビーフード

その他のベビーフード

最も好まれているのは、粉ミルクです。

流通チャネル別の内訳は以下の通りです。

スーパーマーケット、ハイパーマーケット

薬局

コンビニエンスストア

その他

スーパーマーケットとハイパーマーケットが市場の大半を占めています。

地域別の市場区分は以下の通りです。

アジア太平洋地域

北アメリカ

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

アジア太平洋地域は人口が多いことから、現在最大の市場となっています。

この市場の輸出入シナリオを評価すると、中国とオランダがそれぞれ最大の輸入国と輸出国であることがわかっています。

市場の競合状況

ベビーフード・乳児用粉ミルク市場における主要な企業としては、以下の企業が存在しています。

アボットニュートリション

Nestlé S.A.

ダノンS.A.

ミード・ジョンソン・アンド・カンパニー・エルエルシー

クラフト・ハインツ・カンパニー

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]