自動車用ピストン市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

自動車用ピストン市場は、2020年に39億1,000万米ドルに達しました。ピストンは、内燃機関や外燃機関の重要な構成部品であり、機械的エネルギーを発生させ、道路を走行するために必要な力を車両に与えることで機能します。ピストンは、シリンダー内で膨張したガスの力を、ピストンロッドやコネクティングロッドを介してクランクシャフトに伝える役割を果たします。また、シリンダー内での摺動式気密・油密の形成、コネクティングロッドの小端部へのガス荷重の伝達、ガジョンピンの軸受としても使用されます。ピストンの設計は、強度、重量、熱膨張の抑制の調和を基本としています。

市場の動向と成長要因

人口増加と可処分所得の増加により、消費者は個人の自動車に多くの費用をかけるようになりました。これにより、自動車の生産量が増加し、それが自動車用ピストン市場の成長を促進しています。また、自動車用ピストンの生産は、高級バイクの出現にも影響を受けています。これらのバイクにはダブルシリンダーが搭載されており、それぞれに2つのピストンが必要となります。その他の成長要因としては、絶え間ない技術革新や、大型・小型商用車の需要拡大などが挙げられます。自動車用ピストン市場は、2021年から2026年にかけて緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

自動車用ピストン市場は、材料、車両、ピストンコーティング、ピストンタイプ、販売チャネル、地域に基づいて分類されています。

材料別では、アルミニウム製とスチール製に分けられます。現時点では、アルミ製ピストンが市場を支配し、最大のシェアを占めています。

車両別では、市場は乗用車、LCV、HCVに分別されています。これらの中では、乗用車が市場全体の大半のシェアを占めています。

ピストンコーティングに基づいて、市場は熱障壁、ドライフィルム潤滑剤、オイルシェディングピストンコーティングに分類されています。

ピストンタイプに基づいて、自動車用ピストン市場は、トランク、クロスヘッド、スリッパー、デフレクターピストンに分類されています。

販売チャネル別では、OEMとアフターマーケットに分類されています。

地域別では、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分けられます。現時点では、アジア太平洋地域が市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

自動車用ピストン市場における主要な企業としては、マーレ社、アイシン精機社、KSPG社、日立オートモティブシステムズ、Federal-Mogul、India Pistons Limited、Arias Piston、Capricorn Automotive、Ross Racing Piston、Shriram Pistons and Ringsなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]