生体触媒市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し

市場の概要

生体触媒とは、広範囲の反応を触媒する能力を持つ、生物(人間以外)由来の物質と定義されています。生体触媒は、有機物であり、生分解性があり、高い触媒効率と温和な条件で作動する能力を持っています。このため、様々な産業および商業用途に使用されています。2020年の生体触媒市場は124.8キロトンの規模に達しています。

市場の動向及び成長要因

この市場は現在、いくつかの好ましい要因によって牽引されています。技術の進歩と環境に優しいという生体触媒の特性により、その使用は急速に拡大しています。従来は、生物由来(または再生可能)の原料を変換するために使用されていましたが、現在ではバイオ燃料やバイオ医薬品などの製造にも使用されています。さらに、生体触媒の利点や環境への持続可能性に対する認識の高まりにより、食品・飲料、洗剤、でんぷん加工、繊維などの業界での需要が高まっています。今後5年間、生体触媒市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

生体触媒市場は、タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。

タイプ別

現在、最大の生体触媒タイプはヒドロラーゼであり、市場全体の大部分を占めています。その他の主なタイプは、酸化還元酵素と転移酵素です。

用途別

また、生体触媒市場は、食品・飲料、洗浄剤、バイオ燃料生産、農業・飼料、バイオ医薬品などの用途別に分類されています。

地域別

地域別では、欧州、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに区分されています。このうち、欧州は最大の地域であり、世界シェアの3分の1以上を占めています。

市場の競合状況

生体触媒市場における主要な企業としては、Novozymes社、DuPont社、Royal DSM社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]