ポリウレタン(PU)フォーム市場、2021年から2026年にかけて6.81%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ポリウレタン(PU)フォーム市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。ポリウレタンフォームは合成ポリマーで、断熱性があり、摩耗、温度、湿気、衝撃、腐食などから素材を保護します。ポリウレタンフォームは、スプレータイプ、フレキシブルタイプ、リジッドタイプがあり、主に寝具や家具の詰め物として使用されています。低刺激性で毒性がなく、経年劣化もなく、水分と素早く反応して膨張し、塗布後は高い接着力で表面と結合します。そのため、自動車、包装、建築、電子機器など、さまざまな業界で幅広く使用されています。

市場の動向及び成長要因

建設業界の大幅な成長に加え、家具業界での製品需要の高まりが、市場の見通しを良くしている主な要因の一つとなっています。さらに、住宅や商業施設において、コーティング剤や塗料、接着剤と一緒に使用される軟質・半硬質ポリウレタンフォームが広く普及していることも、市場の成長に寄与しています。さらに、さまざまな製品イノベーションや、ポリウレタンフォームの製造に使用され、環境への二酸化炭素排出量が少ないバイオベースのポリオールの開発が、この種のフォームの需要を促進しています。さらに、自動車産業におけるポリウレタンフォームの広範な利用も、成長を促す大きな要因となっています。自動車業界では、ダッシュボード、エアバッグ、アームレストなどの外装部品など、軽量の自動車部品の製造に使用されており、自動車の燃費向上に貢献しています。その他にも、急速な工業化や包装業界からの製品需要の増加などの要因により、市場はさらに拡大すると予測されています。ポリウレタン(PU)フォーム市場は、2021年から2026年の間に6.81%のCAGRで成長すると予測されています。

主要な市場区分

ポリウレタン(PU)フォーム市場は、構造、製品タイプ、密度、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

構造別の内訳は以下の通りです。

オープンセル

クローズドセル

製品タイプ別の内訳は以下の通りです。

フレキシブルフォーム

リジッドフォーム

スプレーフォーム

密度別の内訳は以下の通りです。

低密度

中密度

高密度

最終用途産業別の内訳は以下の通りです。

寝具・家具

建築・建設

エレクトロニクス

自動車

パッケージング

履物

その他

地域別の市場区分は以下の通りです。

北アメリカ

アジアパシフィック

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

ポリウレタン(PU)フォーム市場における主要な企業としては、BASF SE、Covestro AG、Foamcraft Inc.、Future Foam Inc.、Huntsman International LLC. (Indorama Ventures Public Company Limited)、Recticel NV/SA、Rogers Corporation、Saint-Gobain S.A.、積水化学工業(株)、The Dow Chemical Co. Ltd.、The Dow Chemical Company、東ソー株式会社、UFP Technologies Inc.、Wanhua Chemical Group Co. Ltd.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]