ソフトウェア無線市場、2021年から2026年まで8.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ソフトウェア無線市場は、2020年に274億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に8.7%のCAGRで市場が成長すると予想されています。

SDR(Software Defined Radio)とは、デスクトップコンピューターにインストールされたソフトウェアを使って信号処理を行う無線通信ツールのことです。受信機、送信機、ソフトウェアアプリケーション、その他様々な補助システムを介して動作し、増幅器、フィルター、ミキサー、変調器/復調器、検出器などの機能を果たします。初期設定では広い周波数範囲を持っており、範囲内の特定の周波数で動作するようにプログラムすることができます。また、再構成が可能なため、複数の無線機を1つのユニットに置き換えることができ、柔軟性、費用対効果、相互運用性を高めることができます。そのため、航空宇宙、防衛、通信、運輸など、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の動向及び成長要因

軍事的近代化の必要性の高まりと、状況認識能力の向上に対する需要の高まりが、市場の成長を促す主な要因の一つとなっています。SDRのような高度な通信システムは、ハードウェアの制約を受けずに防衛通信システムを向上させるために、軍事ユニットで採用されています。また、通信分野でのSDRの普及も市場の成長を後押ししています。安定した接続とより速いデータ速度への需要の高まりに対応するため、ネットワーク事業者は、NFV(Network Function Virtualization)とともにSDRソフトウェアを採用し、接続ソリューションの向上を図っています。さらに、4Gや無線スペクトルに調整可能な次世代インターネットプロトコル(IP)システムの開発など、さまざまな進歩が市場の明るい展望を生み出しています。また、SDRのアナログからデジタルへの移行が進んでいることも、市場の成長を促す大きな要因となっています。SDRは、デジタルテレビ、ラジオ放送、ビデオストリーミングチャンネルなどの通信サービスを提供するためのベース技術として期待されています。このほか、IoT(Internet of Things)と無線機器の融合や、通信分野における広範な研究開発活動なども、市場をさらに押し上げる要因になると予測されています。

主要な市場区分

ソフトウェア無線市場は、タイプ、アプリケーション、コンポーネント、プラットフォーム、周波数帯、地域などに基づいて分類されています。

タイプ別の内訳は以下の通りです。

統合戦術無線システム(JTRS)

コグニティブ無線

汎用無線機

地上波受信機(TETRA)

その他

アプリケーション別の内訳は以下の通りです。

航空宇宙・防衛

商業用

電気通信

その他

コンポーネント別の内訳は以下の通りです。

トランスミッター

レシーバー

補助システム

ソフトウェア

プラットフォーム別の内訳は以下の通りです。

陸上

エアボーン

海軍

宇宙

周波数帯別の内訳は以下の通りです。

高周波数

超短波

超短波

その他

地域別の市場区分は以下の通りです。

北アメリカ

アジアパシフィック

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

ソフトウェア無線市場における主要な企業としては、Aselsan A.S.、BAE Systems、Elbit Systems Ltd.、General Dynamics Corporation、Huawei Technologies Co., Ltd. Huawei Technologies Co. (Huawei Investment & Holding Co. Ltd.), L3harris Technologies Inc., Leonardo S.p.A., Northrop Grumman Corporation, Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG、Thales Group、ZTE Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]