DRaaS(Disaster Recovery as a Service)市場、2021年から2026年まで18.40%のCAGRで成長見込み

市場の概要

DRaaS(Disaster Recovery as a Service)市場は、2015年から2020年にかけて高い成長を示しました。DRaaSとは、自然または人為的な緊急事態に備えて、仮想サーバーやデータセンターを複製して復旧させる、サードパーティのクラウドコンピューティングおよびバックアップサービスモデルを指します。バックアップは通常、パブリック、クラウド、仮想プライベート・クラウド(VPC)、またはハイブリッド環境上で行われ、組織の機密情報を保護します。また、障害発生時にはネットワークを完全にサポート・コントロールし、ダウンタイムや混乱を最小限に抑えることで事業継続性を確保します。このような利点から、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、医療、製造、情報技術(IT)、通信の各業界で幅広く利用されています。

市場の動向及び成長要因

デジタル化の進展に伴い、各業界でクラウドベースのサービスの導入が進んでいることも、市場の成長を促す重要な要因の一つです。セカンダリの復旧サイトを必要とせず、最小限の複雑さで迅速なデータ復旧を実現するDRaaSソリューションの利用が広がっています。さらに、中小企業の間でクラウドベースのバックアップやリカバリーのメリットに関する認識が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。これらの企業は、効果的な災害復旧計画をテストして実行するために、DRaaSを頻繁に利用しています。さらに、インテリジェントなデータレプリケーション、仮想マシンインベントリ、自動テストの導入など、いくつかの技術的進歩も市場の成長を後押ししています。これらの技術的進歩により、ユーザーはアプリケーションの変更を認識し、保護された仮想環境で自動テストを実行することができます。その他の要因としては、サイバー攻撃の増加や大規模な研究開発活動などが、市場をさらに押し上げると予測されます。今後、2021年から2026年にかけてDRaaS市場は18.40%のCAGRで成長すると予測されています。

主要な市場区分

DRaaS市場は、サービスタイプ、サービスプロバイダー、展開モデル、エンドユーザー、業界、地域に基づいて分類されています。

サービスタイプ別の内訳は以下の通りです。

バックアップ・リカバリーサービス

リアルタイムレプリケーションサービス

データ保護サービス

プロフェッショナルサービス

トレーニング、教育、およびコンサルティングサービス

サポートおよびメンテナンスサービス

サービスプロバイダー別の市場区分は以下の通りです。

クラウドサービスプロバイダー

マネージド・サービス・プロバイダ

通信サービス事業者

展開モデル別の内訳は以下の通りです。

パブリック・クラウド

プライベート・クラウド

ハイブリッド・クラウド

エンドユーザー別の内訳は以下の通りです。

大企業

中小企業(SME)

業界別の内訳は以下の通りです。

BFSI

IT

官公庁

ヘルスケア

製造業

地域別の市場区分は以下の通りです。

北アメリカ

アジアパシフィック

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のDRaaS市場における主要な企業としては、Amazon Web Services、Bluelock LLC、C and W Business Ltd、Geminare Incorporated、IBM Corporation、iLand Internet Solutions Corporation、Infrascale Inc.、Microsoft Corporation、Recovery Point Systems Inc.、Sungard Availability Services LP、TierPoint LLCなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]