プラスチック添加剤市場、2021年から2026年まで5.1%のCAGRで成長見通し

市場の概要

プラスチック添加剤市場は、2020年に462億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は5.1%のCAGRで成長すると予想されています。

プラスチック添加剤とは、プラスチック製品の化学的・物理的特性を向上させるためにポリマーに添加される化学化合物のことです。触媒や充填剤として機能し、製品の重量比強度、光沢、耐久性、耐腐食性、感熱性などを向上させます。一般的に使用されるプラスチック添加剤には、物性拡張剤、改質剤、安定剤、加工助剤などがあり、汎用プラスチック、エンジニアリングプラスチック、高機能プラスチックに使用されています。

市場の動向及び成長要因

世界的な工業化の急速な進展は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、消費財や各種繊維製品、農業製品、医療製品の製造に使用されている従来の材料の代替も、市場の成長を後押ししています。例えば、従来使用されてきたガラス、紙、セラミック、金属などの素材の代わりに、機械的・電気的特性を高めたプラスチック製品が使用されています。さらに、包装業界での製品需要の高まりも、市場の成長にプラスの影響を与えています。ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリエチレンテレフタレート(PET)、低密度ポリエチレン(LDPE)、高密度ポリエチレン(HDPE)は、世界中で最も一般的に使用されている包装材の一つです。これらの包装材は、使用寿命や外観、機械的特性を向上させるために、プラスチック添加剤で処理されることが多いです。その他の要因としては、医療業界における使い捨ておよび再利用可能なプラスチック製品の需要の高まりや、3Dプリント技術の普及などがあり、これらが市場をさらに押し上げると予測されています。

主要な市場区分

世界のプラスチック添加剤市場は、添加剤タイプ、プラスチックタイプ、アプリケーション、機能、地域に基づいて分類されています。

添加剤タイプ別の内訳は以下の通りです。

可塑剤

安定剤

難燃剤

衝撃改質剤

その他

プラスチックタイプ別の内訳は以下の通りです。

汎用プラスチック

エンジニアリングプラスチック

高機能プラスチック

アプリケーション別の内訳は以下の通りです。

パッケージング

自動車

消費財

建設

その他

機能別の内訳は以下の通りです。

特性改良剤

特性安定剤

特性拡張剤

加工助剤

地域別の市場区分は以下の通りです。

北アメリカ

アジアパシフィック

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のプラスチック添加剤市場における主要な企業としては、Akzonobel NV、Albemarle Corporation、BASF、Clariant AG、DowDuPont、Evonik Industries AG、Kaneka Corporation、Lanxess AG、Songwon Industrial Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]