ピーナッツバター市場、2021年から2026年の間、5.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ピーナッツバター市場は、2020年に34億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に同市場は5.4%のCAGRで成長すると予想されています。

ピーナッツは世界中で栽培されている重要な作物で、オイル、バター、小麦粉、菓子、スナック製品などの生産に商業的に利用されています。中でもピーナッツバターは、最も消費量の多いスプレッド食品の一つで、ピーナッツを粉砕して乾煎りして作られます。ピーナッツバターはエネルギーが豊富で、通常はミルクバターの代替品として販売されています。エネルギー以外にも、食物繊維、タンパク質、不飽和脂肪に加え、マグネシウム、亜鉛、カリウム、ビタミンEなどの微量栄養素も含まれています。このような栄養組成のおかげで、サラダ、ブラウニー、ロールケーキ、ケーキ、フロスティング、コーンブレッド、チョコレートなど、さまざまな食品の調理に使用されています。

市場の成長要因

肥満率の上昇に伴い、世界中の消費者がより健康的な朝食やおやつの選択肢にシフトし始めています。例えば英国では、イングランド公衆衛生局(PHE)が砂糖削減計画の対象としていることから、ピーナッツバターがジャムなどの甘いスプレッドの売上を追い越すと予想されています。この計画では、PHEは子供たちが食べる食品に含まれる砂糖の総量を減らすことを目指しています。これに加えて、世界市場での競争が激化しているため、メーカーはより多くの消費者にリーチするために革新的なマーケティング戦略を採用しています。これに伴い、米国の食品会社であるHormel Foods社は、2018年にピーナッツバターブランド「Skippy」の新しい広告キャンペーンを導入しました。Be Smooth Like Skippy」と名付けられたこの広告キャンペーンは、15~30秒の動画で、全米のテレビやデジタルチャンネルで放映されています。

主要な市場区分

世界のピーナッツバター市場は、製品タイプ別、流通チャネル別、地域別に以下の通り分類されています。

製品タイプ別

スムースピーナッツバター

Crunchy Peanut Butter(カリカリピーナッツバター)

その他

現在、スムースピーナッツバターが最も好まれています。スムースピーナッツバターは、塗りやすく、スムージーやデザートとの相性が良いためです。

流通チャネル別

スーパーマーケット、ハイパーマーケット

コンビニエンスストア

オンラインストア

その他

現在、世界のピーナッツバターの売上の大半は、スーパーマーケットとハイパーマーケットで占められています。これらの店舗は、消費者にとって利便性が高く、幅広いブランドや製品のバリエーションを提供しています。

地域別

地域別に見ると、北米がピーナッツバターの最大の市場であり、市場全体の大部分を占めています。これは、原材料の入手が容易であることと、消費者の可処分所得が高いことに起因すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]