ケーブルアクセサリー市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

ケーブルアクセサリー市場は、2020年に471億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

ケーブルアクセサリーは、ケーブルを接続し、導体が直接地面に触れないように絶縁するためのものです。ケーブルアクセサリーは、ケーブルを強化し、耐久性を高め、紫外線(UV)や環境ストレスなどによる劣化や浸食から保護します。これにより、地中や頭上に設置されたケーブルの寿命を延ばし、信頼性の高いサービスを提供することができます。このような利点から、ケーブルアクセサリーは、電力、電話、インターネットシステムの送配電(T&D)ネットワークの構築に広く利用されています。

市場の動向及び成長要因

工業化、急速な都市化、世界人口の増加、家電製品の普及などにより、世界的に電力消費量が大幅に増加しています。これに加えて、各国でスマートグリッド技術の導入率が高まっていることも、世界のケーブルアクセサリー市場の成長を促しています。これに加えて、各国の政府は、新しい送電線を利用して既存の送電網のインフラをアップグレードすることに注力しています。また、環境意識の高まりを受けて、非在来型のエネルギーを利用した発電所の設置も進んでいます。さらに、業界の大手メーカーの中には、ケーブルアクセサリーの品質を向上させ、より長い耐用年数を実現するために、研究開発(R&D)活動に多額の投資を行っているところもあります。

主要な市場区分

世界のケーブルアクセサリー市場は、エンドユーザー、電圧、設置方法、地域に基づいて分類されています。

エンドユーザー別の内訳は以下の通りです。

産業用

再生可能エネルギー

電圧別の内訳は以下の通りです。

低電圧

中電圧

高電圧

低電圧用ケーブルアクセサリーは、現在、市場で明確な優位性を示しています。

設置方法別の内訳は以下の通りです。

オーバーヘッド

地下

現在、オーバーヘッドケーブルアクセサリが市場全体の大半を占めています。

地域別の市場区分は以下の通りです。

アジア太平洋地域

ヨーロッパ

北アメリカ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

アジア太平洋地域は、急速な都市化と工業化、および各国の政府による取り組みにより、現在最大の市場となっています。

市場の競合状況

ケーブルアクセサリー市場におけるリーディングカンパニーとしては、以下の企業が挙げられます。

Nexans SA

Prysmian Group

ABBグループ

NKT A/S

タイハン・エレクトリック・ワイヤー・カンパニー・リミテッド

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]