ベーカリー製品市場、2021年から2026年にかけて4.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ベーカリー製品市場は、2020年に4,552億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に4.3%のCAGRで成長すると予測されています。

ベーキングは、最古の調理法と呼ばれ、パン、ケーキ、ペストリー、パイ、クッキー、ドーナツなどの日常的な製品の製造に使用されます。これらの製品は、穀物ベースの小麦粉、水、膨脹剤など様々な材料を使って作られます。これらの製品はFMCG(Fast-Moving Consumer Goods)と呼ばれ、毎日消費されています。口当たりの良さ、見た目の美しさ、消化の良さなどから、フォーマルな場でもインフォーマルな場でも好まれています。今日では、伝統的な製パン方法のほとんどが最新の機械に取って代わられています。この変化により、メーカーはさまざまな材料、味、形、サイズの革新的なベーカリー製品を発売することができるようになりました。

市場の動向及び成長要因

世界中の人々の生活水準の向上に伴い、ライフスタイルや食習慣も大きく変化しています。その結果、ベーカリー製品のような、低カロリーですぐに食べられる食品が好まれるようになりました。そのため、大手メーカーは、トランス脂肪酸の少ないマルチグレインや全粒粉を使用したベーカリー製品を発売するようになりました。これにより、健康志向の高い消費者を中心に、ベーカリー製品の需要が高まっています。さらに、ベーカリー製品への嗜好の高まりやインターネットの普及率の増加に伴い、ベーカリー業界の複数のプレイヤーがデジタル小売チャネルで製品を販売しており、消費者がオンラインで注文する際の利便性が向上しています。さらに、市場関係者は、有機的に改良された製品を市場に投入するため、研究開発(R&D)活動に多額の費用を投じています。

主要な市場区分

世界のベーカリー製品市場は、製品タイプ別、流通チャネル別、地域別に市場を分類しています。

製品タイプ別

製品タイプ別では、ベーカリー製品ではビスケットが最も人気があります。さらに、クッキー、クリームビスケット、グルコースビスケット、マリービスケット、ノンソルトクラッカービスケット、ソルトクラッカービスケット、ミルクビスケット、その他に分類されます。

流通チャネル別

ベーカリー製品は、消費者が多種多様なベーカリー製品を簡単に手に入れることができるスーパーマーケットやハイパーマーケットで主に流通しています。

地域別

地域的には、ヨーロッパが市場でトップの地位を占めています。これは、多くの地元の独立系ベーカリーが存在することと、消費者の嗜好がすぐに食べられるベーカリー製品にシフトしていることによります。

市場の競合状況

世界のベーカリー製品市場における主要な企業としては、以下の企業が挙げられます。

Grupo Bimbo S.A.B de C.V.

山崎製パン(株)

JAB Holding Company

ARYZTA AG

Flowers Foods, Inc.

リッチ・プロダクツ・コーポレーション

Dr. August Oetker Nahrungsmittel KG

グルーマ・S.A.B. de C.V.

ゼネラル・ミルズ, Inc.

アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABF) Plc

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]