ベビーワイプ市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し

市場の概要

ベビーワイプは、赤ちゃんのおしりを拭くための使い捨ての布で、優しい洗浄成分や優しい洗浄成分の溶液が含まれています。素材は、レーヨン、コットンなどの繊維と、ポリプロピレン、ポリエステル、ポリエチレンなどのプラスチック樹脂です。ベビーワイプは、主にプラスチック製の容器に入って販売されています。この容器は、布地を湿らせた状態に保ち、簡単に出すことができます。最近では、安全かつ効果的で、しっかりと汚れを落とし、赤ちゃんの肌を健康に保つことができる赤ちゃん用おしりふきが人気を集めています。ベビーワイプ市場は、2020年に44億2,000万米ドルに達しました。

市場の動向及び成長要因

世界各地で可処分所得が増加していることから、消費者の購買力が高まっています。その結果、親は赤ちゃんのために高価な製品にお金をかけることができるようになり、メーカーにとっては有利な市場となっています。また、特に発展途上国では働く女性の数が増加しているため、ベビー用品の需要が高まり、それがベビーワイプの売上を促進しています。さらに、電子商取引の普及、消費者の健康と衛生に対する意識の高まり、生活水準の向上なども、市場の成長を促進する要因となっています。2021年から2026年にかけて、ベビーワイプ市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

技術別では、スパンレースが最大で、エアレイド、コフォーム、ニードルパンチ、複合材、その他が続くとしています。

製品タイプに基づいて、市場はウェットワイプとドライワイプに分けられています。このうち、ドライワイプは最も普及している製品タイプで、市場シェアの大半を占めています。

流通チャネル別では、スーパーマーケット・ハイパーマーケット、薬局、オンライン、コンビニエンスストア、その他に分類されています。

地域別では、北米がベビーワイプの最大市場であり、欧州とアジア太平洋地域がこれに続きます。その他の主な地域としては、中東・アフリカ、ラテンアメリカなどが挙げられます。

市場の競合状況

ベビーワイプ市場における主要な企業としては、ジョンソン・エンド・ジョンソン、プロクター・アンド・ギャンブル、キンバリー・クラーク・コーポレーション、ユニ・チャーム、SCAなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]