デジタルマーケティングソフトウェア市場、2021年から2026年の間、16.3%のCAGRで成長見通し

市場の概要

デジタルマーケティングソフトウェア市場は、2020年に483億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間、16.3%のCAGRで成長すると予想されています。

デジタルマーケティングとは、インターネットや電子メディアを利用して、ブランドや商品、サービスを宣伝する多面的なアプローチです。デジタルマーケティングは、インスタントメッセージング(IM)、ソーシャルメディアプラットフォーム、ウェブサイト、モバイルアプリケーションなどのさまざまなチャネルを利用して、消費者のエンゲージメントを向上させます。一般的には、レポートやアナリティクスの作成、ランディングページの作成、その他のプロモーション活動を支援するソフトウェアを使用して行われます。また、デジタルマーケティングソフトウェアは、ターゲット層へのアプローチやブランドロイヤリティの構築にも役立ちます。

市場の動向及び成長要因

様々なビジネス分野における急速なデジタル化と、世界の消費者へのリーチ拡大への関心の高まりは、市場成長を促進する重要な要因の一つです。また、インターネットの普及、スマートフォンの販売増加、SNSの影響力の増大に伴い、企業はデジタルマーケティング戦略を活用して、消費者の行動や嗜好をリアルタイムで分析しています。これにより、マーケティング担当者は、カスタマイズされたソリューションを提供し、消費者との関係を強化する機会を増やすことができます。さらに、デジタルマーケティングは費用対効果の高い方法で大量の顧客にアクセスできるため、世界中の中小企業で普及しています。さらに、小売業者は位置情報を利用した広告を採用し、消費者にキャンペーンや割引、新製品に関する最新情報を提供しており、これが市場の成長にさらに貢献しています。これに加えて、コロナウイルス(COVID-19)の発生と、それに伴う各国政府の規制により、世界各地でオンラインショッピングやエンターテイメントサービスに対する需要が高まっています。その結果、いくつかの企業は、製品を販売するために電子商取引チャネルに移行し、商品やサービスを遠隔地で宣伝するためにデジタルマーケティング戦略を採用しています。

主要な市場区分

世界のデジタルマーケティングソフトウェア市場は、ソリューション、サービス、展開タイプ、組織規模、エンドユースに基づいて分類されています。

ソリューション別の内訳は以下の通りです。

カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)

メールマーケティング

ソーシャルメディア

サーチマーケティング

コンテンツマネジメント

マーケティングオートメーション

キャンペーンマネジメント

その他

サービス別の内訳は以下の通りです。

プロフェッショナルサービス

マネージドサービス

展開タイプ別の内訳は以下の通りです。

オンプレミス

クラウドベース

組織規模別の内訳は以下の通りです。

大企業

中小企業 (SME)

エンドユース別の内訳は以下の通りです。

メディア・エンタテインメント

製造業

小売業

BFSI

情報技術

ヘルスケア

その他

地域別の市場区分は以下の通りです。

北アメリカ

アジアパシフィック

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のデジタルマーケティングソフトウェア市場における主要な企業としては、Act-On Software Inc.、Adobe Inc.、Hewlett Packard Enterprise Development LP、HubSpot Inc.、IBM Corporation、Microsoft Corporation、Oracle Corporation、Salesforce.com Inc.、SAP SE、SAS Institute Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]