生体保存市場、2021年から2026年の間、力強い成長遂げる見込み

市場の概要

生体保存とは、細胞、組織、臓器を本来の環境以外の場所で長期間保存することです。これは、長期保存のための効果的な保存技術として登場しました。このため、生体保存は、進化する細胞ベースの技術の様々な臨床および商業的応用を成功させるために不可欠となっています。今日では、様々な研究機関や医療機関において、臨床試験材料、幹細胞、胚、精子、卵などの完全性や機能性を保持するために広く使用されています。2020年の生体保存市場は54億米ドルの規模に達しています。

市場の成長要因

生体保存の需要を促進する主な要因の一つは、心不全や糖尿病などの様々な慢性疾患や、神経、骨、関節などに影響を及ぼす変性疾患を治療・制御するための再生医療の発展です。また、研究目的で体液や組織を保存するために生体保存が行われていることから、世界中でバイオバンキングが普及していることも、市場の活性化につながると考えられます。また、世界の発展途上地域を中心に、各国の研究開発費や医療費が増加していることも、市場の成長に影響を与えるでしょう。生体保存市場は今後5年間で力強い成長を遂げると予想されています。

主要な市場区分

生体保存市場は、製品タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別では、生体保存装置と生体保存媒体に分けています。現在、生体保存装置が最大の市場となっています。

また、用途別では、バイオバンキング、治療用途、創薬用途に分類されています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに市場が区分されています。

市場の競合状況

生体保存市場における主要企業としては、BioLife Solutions, Inc.、Thermo Fisher Scientific Inc.、VWR International, LLC、Panasonic Corporation、BioCision LLCなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]