バイオメトリクス市場、2021年から2026年の間、力強く成長遂げる見込み

市場の概要

バイオメトリクス市場は、2020年に235億米ドルの規模に達しました。バイオメトリクスとは、身体的または行動的な特徴に基づいて人を認証、認識、識別するために使用されるプロセスを指します。バイオメトリクスは、個人の識別子を、データベースにすでに保存されているバイオメトリック・テンプレートと照合します。バイオメトリクスの識別子は、生理的特徴と行動的特徴の2つに分けられます。生理的特徴には、指紋、掌静脈、掌紋、顔、DNA、虹彩、網膜、手の形状などがあり、行動的特徴には、タイピングパターンや音声・署名の認識などがあります。

市場の成長要因

バイオメトリクスシステムは、使いやすく導入しやすいだけでなく、ハイエンドのセキュリティと保証を確保するためのコスト効率の高いソリューションを提供することから、世界中で絶大な人気を集めています。また、バイオメトリクス技術は、政府機関や民間企業、機関でドアの開閉、従業員の識別、出勤簿の作成などに広く利用されています。また、セキュリティの高い場所に設置され、バイオメトリクスの自動認識によって未知の人物を識別することで、施設を保護し、侵入のリスクを低減します。さらに、多くの企業が世界各地で事業を拡大するためにパートナーシップを結んでいます。例えば、マイクロソフト社は最近、BIO-Key社の3つの新しいコンパクトなUSB指紋リーダーアクセサリー、SideSwipe、SideTouch、EcoIDをテストして認定し、Windows 10の最新の生体認証サインインオプションをサポートしています。この他にも、複数の行動特性や生理特性を用いて認証を行うマルチモーダルバイオメトリクスの導入により、認識性能やセキュリティ性能の向上が期待されています。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生により、顔、歩行、音声認識を分析して本人認証を行う非接触型バイオメトリクスシステムへの移行が進んでいます。今後、2021年から2026年にかけてバイオメトリクス市場は力強い成長を遂げると予想されています。

主要な市場区分

世界のバイオメトリクス市場は、地域、タイプ、サービス、組織規模、バーティクルなどに基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のバイオメトリクス市場は、多数の中小メーカーと大企業で構成されています。同市場で活動している大手企業には、Accu-Time Systems、BIO-Key International, Inc.、Cognitec Systems, GmbH、富士通株式会社、3M Cogent, Inc.、IDTECK、日本電気株式会社、Siemens AG、RCG Holdings, Ltd.、Suprema, Inc.、Lumidigm, Inc.、IrisGuard, Inc.、Daon, Inc.、DigitalPersona, Inc.、Morpho SA (Safran)などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]