アニリン市場、2021年から2026年の間、CAGR6%で成長見込み

市場の概要

アニリン市場は、2020年に840万トンの数量に達しました。今後、2021年から2026年の間に同市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。

アニリンは、アミノベンゼンまたはフェニルアミンとしても知られており、アミノ基に結合したフェニル基からなる有機化学化合物です。アニリンは、油性で無色の外観を持ち、不快な臭いがします。アニリンは可燃性の液体で、水にはわずかに溶け、空気中ではゆっくりと樹脂化し、酸化します。現在、アニリンは、アラミド繊維やポリウレタンフォームから医薬品に至るまで、さまざまな最終製品の製造に使用されており、注目を集めています。

市場の成長要因

アニリンから得られるメチレンジフェニルジイソシアネート(MDI)は、家具、断熱材、接着剤、シーリング材、自動車内装、消費財などの製造に使用されています。これらの製品の需要の増加は、世界のアニリン市場の成長を刺激すると予想されます。

また、急速な都市化に伴い、アンチノック添加剤やリフォーマットガソリンの改良に必要な溶剤としてのアニリンの使用量が増加していることから、アニリンの需要は今後数年間で大きな成長が見込まれています。

また、アニリンの需要は、医薬品やゴム加工用化学品の製造に使用されるケースが増えていることも要因となっています。

主要な市場区分

世界のアニリン市場は、技術、アプリケーション、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のアニリン市場の主要な企業としては、BASF Corporation、Bayer Material Science、Borsodchem Mchz、Ei Dupont De Nemours、First Chemical Corporation、Jilin Connell Chemical Industry Co., Ltd.、Hindustan Organics Chemicals Limited、Huntsman International、三菱化学、三井化学、Narmada Chematur Petrochemicals Limited、Petrochina Co. Ltd.、Sabic、Sp Chemicals Holdings Ltd.、住友化学、住化バイエルウレタン株式会社、The Dow Chemical Company、東ソー株式会社などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]